NHORHM (20161029)

約1か月後に新作がリリースされると告知されている"NHORHM"のライブが、武蔵境であるというのはだいぶ前から知っていましたが、チケットをタイミングよく入手できたのでいそいそと出かけてきました。 ちなみに初作の紹介と次作の告知は以下の通り。  "NEW HERITAGE OF REAL HEAVY…

続きを読むread more

Silvana Malta "Ceu De Brasilia"

この作品は、Toninho Hortaが参加しているなんて情報をネット上で見つけて、その翌日会社帰りにユニオンのラテブラ館に赴いて購入しています。 2005年の作品とのことなので、在庫枯渇していたものが再入荷された情報をキャッチしたということのようです。 こういう作品は見つけたら買わないとすぐ無くなってしまうので注意が必要です。 …

続きを読むread more

"Lorenzo Naccarato Trio" Lorenzo Naccarato Trio

フランス出身と思われるピアニストLorenzo Naccaratoの初リーダー作で、Shai Maestroのリーダーアルバムをリリースしているフランスのレーベル Laborie Jazz からの作品。 欧州ピアノトリオの進化系が聴けそうな気配を感じたために、購入を決定した次第。 ちなみにと、Laborie Jazzレーベル…

続きを読むread more

"Dawn of Dreams" jahguidance

この盤は、Tower限定の安価リリースだって理由だけで購入を決めてます。 Tower限定安価盤の面白さは、たまたま店頭で見つけた下記アルバムを聴いてのけぞったことが馴れ初め (もう買えないよ。ぐふふ)  "Live at The Body & Soul"(http://jazz-to-audio.seesaa…

続きを読むread more

Tillery "Tillery"

この3人がユニット組んでアルバムを出すことになろうとは、夢にも思いませんでした。 個人的に聴いている数少ないボーカル(ブラジル以外では、本当に数少ない)のなかで、知ってる3人がユニットを組んでいるというのは稀有以外のなにものでもありません。 自blogを検索した結果が以下の通り。さすがに全部買おうとはしてませんが、1枚買って終…

続きを読むread more

加藤真亜沙 "Tales from The Trees"

Web上で新譜を漁っていたらラージアンサンブル系の新人のような宣伝文句をみつけて、そしたら無条件に思わず購入していたという盤。 挾間美帆さんが先鞭をつけた邦人のラージアンサンブルがどういう広がりを見せていくか興味深いところなので見逃すわけにはいきません。 メンツは、大所帯ですが頑張って書き出します。この中では、ベースのDoug…

続きを読むread more

"Zigzagger" 黒田卓也

米BLUENOTEレーベルからアルバムを出した初の日本人として、話題になった黒田卓也さんの新作は、CONCORDレーベルからのリリースになります。 が、レギュラーグループにセルフプロデュースということで、前作以上の意欲を見せているんじゃないかと期待させるものはあります。 前作のBLUENOTEレーベルからリリースされた作品は下…

続きを読むread more

"It's Hard" The Bad Plus

The Bad Plusの結成16年め、11作めのアルバムです。 The Bad Plusも基本的に全部買いしてるので、11枚手元にあるはずです。 初期の演奏のインパクトが強すぎたので、その後それを凌駕するアルバムを期待してしまうのですが、一時期、路線変更を含め紆余曲折してましたが、ここのところは初期からのスタイルを踏襲する方向に…

続きを読むread more

小山, 山田, 永田トリオ (20161008)

この3人は、このユニットが初顔合わせで、このライブの前に1回リハーサルをしたそうですが、そのときが「初めまして」だったとのこと。 そしてこの3人を集めたのは会場主であらせられる村上さんとのことで、MCで山田さんがお礼言ってました。 コンセプトは、Gary Burtonをはじめとする60年代、70年代のジャズロック、ロックジャズ…

続きを読むread more