小沼ようすけ "Beautiful Day"

小沼ようすけのアルバムを図書館で見かけ、ちょっと気になったんで借りてきました。 2007年リリースの6枚目のリーダーアルバムでLAで録音した作品。 小沼君の過去作は、Richard Bona、Ari Hoenigとのトリオ作を、これは所有しています。   "three primary colors" (h…

続きを読むread more

本田珠也3 (20170128)

本田珠也、佐藤浩一、須川崇志という組み合わせでピアノトリオを演っているというのは、知りませんでした。 ライブ告知を見て、これは聴くしかないと、ずいぶん前から楽しみにしていました。 なんで、当日ちょっと体調悪だったが、無理して出向いてきました。 佐藤さんは、2016年ベスト(http://jazz-to-audio.seesa…

続きを読むread more

Francesco Cafiso "Jazz Italiano 2006"

Francesco Cafisoのリーダー作はたいがい買ってるつもりで、初期の2枚("Very Early","Concerto For Michel Petrucciani")が入手困難盤と認識していますが、それは入手できてますが、実は最後の牙城が残っていまして、"Jazz Ital…

続きを読むread more

"Initial Stage" KIMURA HIROTO ENERGY VOID

サックスの木村広人がリーダーのユニットで、2012年に結成されたコンテポラリジャズ、プログレッシブロック、フリージャズの要素を取り入れた曲をおもに演奏するユニット。 ということが、彼らのhp(http://kh-energyvoid.com/)に書かれていて、それだけが判り得る情報。 ライブは2016年の9月,10月の告知が残って…

続きを読むread more

Nouon "Live at Haremame 2016"

Nouonは、山田あずささんの在籍するバンドとして知ったのが馴れ初めで、初リーダー作を、早々に紹介しています。  "Kuu" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63552065.html) そして、そのアルバムのリリースライブが昨年2~3月にありまして、その…

続きを読むread more

林栄一As4 (20170121)

2017年の初ライブは、林栄一さんのカルテットになりました。 メンツは、還暦越えの3人に20代前半の高橋君が入る編成で、かなりの年の差ユニットということになります。 個人的にこのライブを見ようという動機は、この高橋君を聴きたい。 こういうメンツの中で、どんな演奏をしてくるかが興味津々だったことが主な動機ってことになります。 …

続きを読むread more

"change of heart" Peo Alfonsi

この盤は、某リアル店でCDを眺めていて見つけた盤。 Pat Metheny楽曲集というポップ付で面出しされていたら、そりゃ目につくってことですが、通販サイトを眺めていても、全然引っかかりませんでした。 こういうのを見つけるためにもたまにはリアル店でいろいろ眺めることも必要なんでしょう。 でも、際限なく欲しい盤が増えるだけって恐れ…

続きを読むread more

"The Village" Yotam Silberstein

Yotam Silbersteinは、2016年夏の東京ジャズの無料ライブでの演奏を観てぶっとびまして..。 本作のリリースが告知されてたので、長らく楽しみに待っていたもの。 実はどうやら、TOKYO-JAZZの物販で、すでに売っていたような感じでしたが、全然チェックしてませんでした。 夏の来日時にいくつかライブハウスでの演奏も…

続きを読むread more

"Rise of Orion" Rudy Royston Trio

Rudy Roystonの新作はサックストリオです。 前作は、2014年の初リーダー作で、2管+ギターの6人の大編成でしたから、今作はグッとスリム化して臨んでいることになります。  "303" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62488479.html) …

続きを読むread more

"渋樹" 渋さ知らズ

渋さ知らズがクラシックを演奏したアルバム。 2005年から毎年GWに東京国際フォーラムで行われている「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」というクラシックイベントに2012年頃から出演していて、クラシック界にも進出を果たしているとw が、公演をアーティストのパート別で探すでの表記が、「その他」の中で  2012:総合見世物音…

続きを読むread more

"Null Point Exception" shabel

Tower限定安価盤ってのがたまに出ていて、その詳細はここ(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63901431.html)とかに書いてあるんで目を通してみてください。 そんなんなんで、リリースされたものはひととおりチェックしてできる限り買うようにしていまして、若手の知らないバンドをいろ…

続きを読むread more

Sting "57th & 9th"

私が全部買いをしている数少ないロック系ミュージシャンであるStingの新作がリリースされました。 全部買いしているロック関係って具体的には、steely dan関連と、stingくらいってことなんですが.. 前作は、「ニューキャッスルを舞台にした造船所を営む家族を書いたミュージカル"Last Ship"」の…

続きを読むread more