"Epich" 蕪木光生

蕪木光生さんは、横浜在住のピアニストで、これが初リーダー作のよう。 これは、某店店頭でCDを眺めていて、なんとなく気になった買ってきた盤。 メンツ買いでも、ジャケ買いでも、収録曲買いでも、価格が取り立てて安かったわけでもないんで、インスピレーション買いってことにでもなるんでしょう。 しかし、これだけ多くの日本人ジャズミュージ…

続きを読むread more

永武幹子 トリオ (20170322)

永武さんのピアノは守谷さんのバンドで聴いていまして、そのときは前評判で良いよという情報を得ていて、レギュラーのピアノトリオが聴きたかったんですがタイミングが合わず、すぐにあった守谷さんのバンドを見た次第であります。  守谷美由貴トリオ (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a6383547…

続きを読むread more

"Lazarus" David Bowie

"★ Black Star" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63600921.html) が、David Bowieの遺作として大いなるインパクトを与えたのは2016年初頭の話でした。 なもんで、"そのうち買おう"と思ってた盤が"…

続きを読むread more

"Make Noise!" Jeremy Pelt

相変わらず、ペースを崩さすほぼ1年に1枚ずつ新譜を出してきているJeremy Peltの今年の新作です。 前作はシンプルにワンホーンカルテットでのアルバムでしたが、本年はその前作で1曲あった、パーカッション入りのクインテットを中心とした演奏集です。 その前作は  ”#Jiveculture” (http://jazz-to-au…

続きを読むread more

"Somehow,Someday,Somewhere" Ai Kuwabara

これまでは、森田悠介+ドラマーのトリオを中心として「Trio Project」の冠がついていました。 最近作"Love Thema"は、アコベの須川さんが入ってましたが、基本は上記3人。 過去4作は以下の通り。 (自分が紹介してる初作は自主制作盤)  "From Here To There"…

続きを読むread more

"Songs From Afar" Lucian Ban

Lucian Banはルーマニア出身のピアニストで、個人的にはまったく未チェックの人、John Hebert、Eric McphersonというFred Hershのレギュラートリオの2人が入っていることで、一部でチェックされているようです。 ということで、Fred Hershトリオでは盤石な演奏を繰り広げる2人が、他のリーダーの元…

続きを読むread more