"Preverbal" Matthew Stevens

Matthew Stevensの、これが2作めのリーダー作になると思います。 初リーダー作は、2015年の"Woodwork" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63289272.html)。 メンツは、この初リーダー作でも共演していたEric Doob、V…

続きを読むread more

Rafael Martini "Motivo"

これが、Rafael Martiniの代表作になると思います。 これは2012年の作品で、自分がこのあたりの作品を買いだしたのが、Antonio Loureiroの"SO"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61798990.html)からで、これがちょうど同じころ…

続きを読むread more

"グッバイブルー" 小田朋美

小田朋美さんの2枚めのリーダー作。1枚めは、  "シャーマン狩り" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63273496.html) という菊地成孔共同プロデュースの作品でした。 デビュー作で、音楽の内容で攻める人にしては過激なジャケではありますねw こ…

続きを読むread more

Federico Casagrande "Fast Forward"

Federico Casagrande というイタリア系のギタリストのリーダー作で、これが個人的には初聴き。 宣伝文句で、コンテンポラリ系ギターが聴けそうということで購入に至っていますが、それ以上の期待感って感じもありません。 Joe Sandersは、ジャケが印象的なデビュー作 ”Introducing” (http://jaz…

続きを読むread more

"Bleu" Hermon Mehari

Hermon Mehariというトランぺッターの初リーダー作ですが、これもリーダーは知らない人のをメンツ買いしたもの。 ここのところ、Aaron Parks参加作が多くリリースされているんですが、性懲りもなくそれらを見つけては買いしていたら、以下のような状況になってて我ながらビビってます(嘘)  Luigi Masciari &q…

続きを読むread more

"Dreamer Is The Dream" Chris Potter

Chris PotterのECMレーベルからの3作めです。 前作は、Underground名義の弦楽四重奏入りで、ECM初作の"Sirens"は本作同様の1ホーンカルテットでした。  "Sirens" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a617…

続きを読むread more

"Find The Way" Aaron Parks

Aaron ParksのECMの2作めは、ピアノトリオ編成。 前作は、ソロでした。  "Arborescence" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62400736.html) Aaron Parksのリーダー作としては、昨年夏に同じくピアノトリオ作が出てい…

続きを読むread more

竹村一哲ds×井上銘g×織原良次eb (20170609)

この3人のユニットは、No Trunksでだけ演奏していてこれが2回めのライブ。 前回も聴きたかったがタイミングあわず残念ながら見送ったので、今回はけっこう前から楽しみにしていたので2週連続のライブで翌日イベントがあるが参戦。 竹村一哲は、板橋トリオのレギュラードラマーで、ライブでもCDでも聴取頻度はかなり高い。 最近聴いた…

続きを読むread more

橋爪亮督 "Incomplete Voices"

橋爪さんのレギュラーグループでのアルバムはこれが4枚めですが、間にライブ盤が2枚入るのでスタジオ作としては2枚めです。 ライブ盤が2枚続いたのは、最初のアルバムが好評だったため、同じ公演の残りのテイクもアルバムにしてリリースしたから。 ただし、その2枚めのライブ盤("Side Two")は限定ルート(通販とライ…

続きを読むread more

"Gratitude" Dayna Stephens

Dayna Stephensの新作は、前作の続編と言った感じの作品で、同じメンツで同様にバラード集のリリースです。その前作は2015年紹介の下記。  "Peace" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63057956.html) 前作のときも、うなったんです…

続きを読むread more