"世界はここにしかないって上手に言って" ものんくる

ものんくるは菊地成孔プロデュースってんで買ったのがなれそめで、演奏(というかアレンジ)を面白がって聴いてたんですが、2013年12月の国立パワージャズ(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62322629.html)で生ものんくるを経験してから、ボーカルの吉田沙良さんが妙に印象深くて1つ前…

続きを読むread more

CRCK/LCKS "Lighter"

CRCK/LCKSの2作めのアルバム。 前作は、約1年前にリリースされた↓  "CRCK/LCKS"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63750539.html) Saxの小西がリーダーの若手の敏腕ジャズミュージシャンが集まって結成したポップスのバンド。 …

続きを読むread more

"Seven" Scott Colley

Scott Colleyのリーダー作は、ここのところArtistshareからのリリースで、前作が2010年紹介の  "Empire"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59871737.html) が近作で、その後再発盤ってのがありまして、こちらも聴いています。…

続きを読むread more

"Hudson" Jack Dejohnette

アルバム上、4人が並列表記になっているのと、プロデュースがHudson名義になっているので、この4人でのユニットを結成したというのが表層的なところであるが、実質的にはJack Dejohnetteが先導している気がするのは気のせいか。 メンツは、共演してなさそうで共演してるような感じの面々を集めてきているような印象で、なかの2人…

続きを読むread more

Linda May Han Oh "Walk Against Wind"

Linda OhがLinda May Han Ohとミドルネームをいれた初のアルバム。 Fabian Almazanと結婚したことで、いろいろと身辺に変化が表れているようで、本作がCDでのリリースはなくダウンロード音源だけでのリリースされるのも、Fabian Almazanの主義に同調したためと思われる。 前作は、2013年に…

続きを読むread more

"from 1959" ショローCLUB

地底レコードの新作は、初老倶楽部というバンド名で、1959年生まれの偉人3人が組んだバンドと言うことのようです。 その偉人が、芳垣、大友、不破で、邦人ジャズを聴いているものとしては相当なインパクトを感じる面々が組んだバンドということになります。 こういう組み合わせができるんだ!! てなもんです。 2016年に関西で数回だけライブ…

続きを読むread more

明田川、片山 デュオ (20170715)

明田川さんのライブは、毎年演っているはずですが、これまではタイミングが合わずに見れずじまい。 ようやく、赴くことができました。 19:30ちょっと前に来店、1番目でした。明田川さんは入口そばに座って静かにしてて、片山さんはカウンターで焼酎? ステージは、最近多かったピアノを左まで引き出すセッティングではなく、定位置から少し前…

続きを読むread more

James Brandon Lewis Trio "No Filter"

James Brandon Lewisの新作で、これは、先日の新譜会(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64161769.html)で聴かせてもらって、おもしろかったので全貌を聴きたくなったもの。 James Brandon Lewisのアルバムは、"Days of Free…

続きを読むread more

Fabian Almazan "Alcanza"

Fabian Almazanの新作は、CDでのリリースはなく、ダウンロード音源だけでのリリース。 これは、Fabian Almazanが環境問題への関心が高く、その主張としてモノ(CD)としてのリリースをしないことから、ダウンロードだけでのリリースになっているようです。 先日、Linda Ohと結婚されていると思いますが、彼女の新…

続きを読むread more