Shai Maestro "Dream Thief"

Shai Maestroの新作はECMレーベルからのデリバリになります。 前作は2015年の"Untold Stories"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63225760.html)で、その前が2013年だったので2~3年のペースでコンスタントにアルバムリリ…

続きを読むread more

世田谷トリオ "Live Bootleg Vol.2"

世田谷トリオは、2015年頃に下北沢はApolloで活動を開始したピアノトリオで、3人が世田谷在住ということでの命名らしいが、最近の公式では、出会った場所が世田谷区(下北沢は世田谷区)故の命名としているようです。まぁ、居住地は個人情報なんでね..。 このバンドは、過去に1回ライブを見ているのと、1枚アルバムをリリースしています…

続きを読むread more

世田谷トリオ "Live Bootleg Vol.1"

世田谷トリオは、2015年頃に下北沢はApolloで活動を開始したピアノトリオで、3人が世田谷在住ということでの命名らしいが、最近の公式では、出会った場所が世田谷区(下北沢は世田谷区)故の命名としているようです。まぁ、居住地は個人情報なんでね..。 このバンドは、過去に1回ライブを見ているのと、1枚アルバムをリリースしています…

続きを読むread more

Thumbscrew "Ours"

ここのところ、強烈に多作なMary Halvorsonですが、まだまだリリースされていまして。。 近作は、2017年末の  "Paimon: Book of Angels 32" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64361528.html) 2018年…

続きを読むread more

Thumbscrew "Theirs"

ここのところ、強烈に多作なMary Halvorsonですが、まだまだリリースされていまして。。 近作は、2017年末の  "Paimon: Book of Angels 32" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64361528.html) 2018年春の…

続きを読むread more

Romain Pilon "Copper"

Romain Pilonは、これが初聴き。 フランス人のギタリストで、Pat Methenyの影響を受け、Lionel Louekeが絶賛したという逸材だそうです。 これがたぶん4枚目のリーダー作。 正直なところ、リーダーの名前だけで買いを決めるようなものでもなく。 新譜を漁ってたときに、メンツにPierre de Be…

続きを読むread more

Mary Halvorson "Maid With the Flaxen Hair"

Mary HalvorsonとBill Frisellの共演盤なんてものがリリースされました!! Johnny Smithのトリビュートと題されていますが、どうやらBill FrisellがJohnny Smithの弟子だった時代があったようで、良い弟子ではなかったらしいが、ここにきて再評価トリビュートということになったらしい。 …

続きを読むread more

世田谷トリオ(20181011)

連日のライブ参戦は、諸々の用事の合間に空いた時間を有効活用にと赴いたが、実は後の予定(中川ヨウさん主催のMichael Brecker研究@慶応大学。ここでの出会いも濃すぎました!!)がちょっと忙しくなったが、それ以上に濃い演奏を堪能できたので無問題です。 お客さんは20人弱くらいは入っていたか。ほぼ定刻に演奏開始。 高橋…

続きを読むread more

小山, 山田, 永田トリオ (20181010)

MCでは1年ちょっとと言ってましたが2016年10月08日が初演だったので、もう2年経過しています。 この3人のライブは、No Trunksではコンスタントに行われていて、おおよそ年に3回くらいは演ってるんじゃないかと思います。 初演時のレポート  "小山, 山田, 永田トリオ (20161008)"(h…

続きを読むread more

Charles Owens "Live at Smalls"

ほとんどライフワーク的に買い続けている"Live at Smalls"シリーズではありますが、聴ける分はひと通り聴いておりまして1つブログを作って、そこに(ほぼここに書いてある文章のままですが)順番にまとめて保管してあります。  「Live at Smalls」を一望できる記録 http://live-at-s…

続きを読むread more