Donny McCaslin "Blow"

Donny McCaslinの新作がリリースされました。 前作が2016年の  "Beyond Now" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63963929.html) その前が、2015年の  "Fast Future" (http:…

続きを読むread more

Christian Sands "Facing Dragons"

Christian McBrideのライブ盤"Live at The Village Vanguard" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63436384.html) での演奏を聴いてこりゃ凄いと意識したピアニスト。 本作が2枚目のリーダー作で、1stアルバ…

続きを読むread more

"New Heritage Of Real Heavy Metal III" NHORHM

西山瞳さんのヘビメタプロジェクトの3作め。 このプロジェクトは、当初から3作作って終わりの予定だったらしいので、これが完結編ということになります。 ただ、ヘビメタファンにもジャズファンにも相応に受け入れられ、評判もかなり良いようなので、もしかしたらちょっと形を変えてでも続編のようなものが出てくるのかもと勘ぐってみたり..。 …

続きを読むread more

"More Than One Thing" Time Grove

Nitai Hershkovitsの入った新ユニットのアルバムが出るという情報を見つけて、速攻購入を決めたもの。 が、購入してから、Nitai Hershkovitsの初リーダー作が、・・・だったので、ちょっと疑心感が出たのは事実でありますが、それでも彼のやることは、まだ見ていたいと思える逸材とは思っています。 そんな初リーダー…

続きを読むread more

Art Hirahara "Sunward Bound"

Art Hiraharaの4作めのリーダー作で、個人的に聴いているのは3作めになりまして、そのアルバムは以下の通り。  "Noble Path"(https://www.amazon.co.jp/dp/B004KNO86U/)  "Libations & Meditations"(http…

続きを読むread more

追悼 佐山雅弘

片山さんの訃報に萎えていたところ、立て続けに佐山さんの訃報が飛び込んできました。 このblogでは、遺作になると思われる  "B'Ridge" http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64583078.html だけしか紹介していませんが、 PON…

続きを読むread more

追悼 片山広明

もしかしたら、このblogで一番登場回数が多いのが、片山広明 かもしれない。 ご冥福をお祈りいたします。 === 片山広明 http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a6748732.html リーダー作 "Instant Groove" http://j…

続きを読むread more

"Live at Shinjuku Pit Inn 2017" Nouon

Nouonは、最初のアルバムの中の1曲を聴かせてもらったところからハマりまして聴かせてもらった1stアルバムを速攻で入手  "Kuu" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63552065.html) その後ライブも数回堪能  "(20160221)…

続きを読むread more

Big Heart Machine "Big Heart Machine"

Big Heart Machineというビッグバンドの1作めで良いと思います。 これは、挾間美帆が指揮をしているということで告知が合って買いを決めたもの。 他は特に情報もなかったんですが、挾間さんのやってることはちょっと気にしておこうといったところ。 ここのところ、Maria Schneiderを筆頭にビッグバンド、ラージ…

続きを読むread more

Wayne Shorter "Emanon”

Wayne Shorterは1933年生まれでこのアルバムがリリースされたときの年齢が85才、録音は2016年らしいので、いずれにしても80才を超えてサックスを演奏しようって気力と体力に唖然とする。 前作が、2013年の"Without A Net"(http://jazz-to-audio.seesaa.…

続きを読むread more