Morten Haxholm "Vestigium"

Morten Haxholmはデンマーク出身のベーシストで、前作が2013年に出てまして、Jonathan KreisbergとAri Hoenigは同じで、saxが数曲ゲストで入る構成は同じようです。  "Equilibrium"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/artic…

続きを読むread more

"Tudo Sera Como Antes" Paula Santoro

Paula Santoroは、最初に出会った↓がなんとも素晴らしく。  "Mar Do Meu Mundo"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61982134.html) それから新作リリースをしっかりチェックする存在になっています。 が、その後単独名義のア…

続きを読むread more

"Flight" James Francies

James Franciesの名前を意識したのは、今年(2019年)初頭のPat Methenyの来日公演でNate Smithとのトリオ(Side Eyeというユニット)で出演するという情報を知ったとき。 それまで、特に意識をしたことのある名前ではないが、自blogを調べていたら、2016年のMarcus Stricklandの…

続きを読むread more