"Nofo Skies" Alex Sipiagin

Alex Sipiaginの最新作は、3管の大所帯バンドによるもの。しかもそのメンツがもの凄い。Chris Potter, John Escreetが、個人的にはその筆頭だが他のメンツも充分もの凄い。並べたらメンツ全員書き出すことになるので、それは↓にて..。Alex Sipiagin(Tp)、Chris Potter(Ts)、Will…

続きを読むread more

Pat Metheny "TOKYO 2019"

Pat Methenyが2019年初頭に、BlueNote東京に3週間くらいぶっ続けで登場していました。そのときは、3つのユニットでの演奏が披露されていて、エリック・ミヤシロをフィーチャしたビッグバンド、今回紹介のドラムレストリオ、そしてSIDE EYEとして活動を続けているバンドでありました。本作は、4枚組でリリースされたBootle…

続きを読むread more

"公爵月へ行く" スガダイロー

スガダイローの新作は、ようやくの新レギュラートリオでのフルアルバムそれまでの、東保光、服部マサツグとのレギュラートリオは、東保氏の音楽(JAZZ)活動休止により解散。2016年の"渋さ知らズを弾く"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63685918.html)が、最後のアルバムでした。そ…

続きを読むread more