明田川、梅津デュオ (20201016)

明田川さんのライブは、3年前の片山さんとのライブ以来。  ”明田川、片山 デュオ (20170715)” (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64196549.html ) このときの、明田川、片山の共演も近年では珍しかったと思うが、今日のこの2人の共演も、だいぶ久しぶり…

続きを読むread more

"Valentine" Bill Frisell

Bill Frisellのリーダー作を聴くのは昨年の"Harmony"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/471564172.html )以来。 とはいえ、先日のGregoire Maretの"Americana"(https://jazz-to-audio.seesaa.net…

続きを読むread more

"Boys Feat Terumasa Hino" Boys

石若参加のアルバムを調べていると、極初期の録音は、金澤英明のBoysというトリオに行き当たる。 石若のHP(http://www.shun-ishiwaka.com/home)では冒頭の4曲が、そのBoysの録音。 個人的には、そのうちの1枚を聴いている。他の3枚も入手しようと思えばできそうだが..。  "Boys fea…

続きを読むread more

"City Of Dreams" Chico Pinheiro

Chico Pinheiroというブラジルのギタリストのリーダー作で、Chris Potterが客演しているところがミソ。 ブラジルの最近の音楽もいろいろ聴いているつもりではいるが、さすがに層が厚くまだまだ良いミュージシャンがいるんだろうなとは思いつつ、なかなかいろいろと聴き漁るという状況にもなれず..。 本作もChris …

続きを読むread more

"Conspiracy" Terje Rypdal

Terje Rypdalのリーダー作を紹介するのは2006年の下記以来。  "If Mountain Could Sing" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a41143964.html ) ECMを代表するギタリストであることは承知しているが、過去からECMを代表する…

続きを読むread more

"Electric Blue" Mark Egan, Danny Gottlieb

Mark Egan, Danny Gottliebというと、初期のPat Metheny Groupの2人という認識が一般的だと思うが、PMGを離れてからも"element"とか長らく共演を続けてきた2人である。 が、個人的にはPMG以降の活動についてはとくに意識して聴いては来ていません。 個人の嗜好している音楽とはちょ…

続きを読むread more

Pat Metheny, Brad Mehldau "Live Quartet"

Pat Methenyと Brad Mehldauの共演作は2006年にリリースされた、ほぼ2人だけの作品  "Metheny Mehldau” (https://www.amazon.co.jp/dp/B000GQLAZW/ ) と、翌年にリリースされた4人での演奏を中心とした作品  "Quartet" (https…

続きを読むread more

"Americana" Gregoire Maret

Gregoire Maretというハーモニカ奏者のリーダー作、これまで彼のリーダー作は未聴です。 参加作はいくつか聴いていますが、大半がフル出場ではなくゲストで数曲というところが、ジャズでのハーモニカの扱いを物語っているような..。 このアルバムは、なんといってもタイトルが直球の「アメリカーナ」。このインパクトの強さに、…

続きを読むread more

"Stereo Champ" 井上銘

井上銘の2017年の作品。 試聴した感じで、Fusionに近い演奏だったので、リリース時はスルーしていたが、先日中古盤を見つけたので買ってきたもの。 これまで井上のリーダー作は3つ聴いていて  "First Train" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a612005…

続きを読むread more