"Riverside" Oz Noy

Oz Noyが昨年に続いてリーダー作を出してきました。 前作が2021年、その前が2019年なのでコンスタントにリーダー作を出せているってことになります。  "Snapdragon" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/479798183.html )  "Booga Loo…

続きを読むread more

"Letter From Rome" Paul Wertico

Pat Metheny Groupの黄金期を支えたドラマーPaul Werticoのリーダー作は、過去に数枚聴いているが、自blogでの紹介がないってことは、15年以上聴いていないってことになります。 参加作は、John Moulderのリーダー作にSteve Rodbyとともに参加していて、そちらで聴いています。  "…

続きを読むread more

"First Things First" Boris Kozlov

最近のBoris Kozlovの登場頻度の凄さは尋常じゃないものがあり、Art Hirahara, David Kikoskiらとの組み合わせでもの凄い数のアルバムに登場している。 この文を書いている時点で自blogを漁ると、Blue Moods名義でのアルバムでもベーシストとして加わっている。  "Myth & W…

続きを読むread more