"Ascent To The Blues" Alex Sipiagin

前々作が3管 "Nofo Skies"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/469446232.html )、前作がワンホーン "Upstream" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/483148164.html )のアルバムをリリー…

続きを読むread more

"Falling Grace" Romain Pilon

Romain Pilonのリーダー作を聴くのはこれが3枚め。  "Copper" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64631602.html )  "Ny3" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/472950777.html …

続きを読むread more

"Far Star" Gilad Hekselman

Gilad Hekselmanも出たら買いしているギタリストですが、調べてみたら単独リーダー作は2019年以来のようでちょっとびっくり。  "Further Chaos" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64828920.html ) 複数人名義だと2021年の作品が出て…

続きを読むread more

"10フランの幸せ" 小林洋子

小林洋子さんというピアニストの、たぶん2枚めのリーダー作で、横濱エアジンでのライブアルバム。 これは聴かせてもらった音源です。 自blogを漁ってみたんですが、リーダーの小林さんも、ベースの小美濃さんも初聴きの人でした。小林さんが初なのはわかってましたが、小美濃さんは聴いたことあった気がしてたんですが..。 レジェ…

続きを読むread more

"Belladonna" Mary Halvorson

Mary Halvorsonはけっこうな多作家で、全部買ってると大変なことになりそうなのですが、いくつかは聴かせてもらい、いくつかは買って聴いて、いくつかは聴き逃しています。 近作は以下の通り。  "Artlessly Falling" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/47…

続きを読むread more

3ギターズ(20220819)

中牟礼貞則(G)、市野元彦(G)、井上銘(G) もう相当回数演っているらしい、20代、40代、80代(現在は、30代、50代、80代になっている))のギタリストによる3ギターズ。 見てたつもりだったが、自blogを漁ってみたら、実はこれまで見る機会を逸していたよう。 この3人のトリオは1度は見ておこうと、このタイミ…

続きを読むread more

"Amaryllis" Mary Halvorson

Mary Halvorsonはけっこうな多作家で、全部買ってると大変なことになりそうなのですが、いくつかは聴かせてもらい、いくつかは買って聴いて、いくつかは聴き逃しています。 近作は以下の通り。  "Artlessly Falling" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/47…

続きを読むread more

"Temptation" Temp

ベーシストの伊地知さんがたぶんリーダーだと思うが、Tempというバンドのアルバムで、これは自主制作なんだと思いますが、本人からしか購入できなさそう。 伊地知さん参加作は、南博、林栄一と組んだLunatic Equinoxというバンドのアルバムが前後してリリースされている。  "Evening Fragments" (http…

続きを読むread more

"Solo Suites" Bireli Lagrene

Bireli Lagreneの新作はソロ作で、個人的には久々にBireli Lagreneを聴いたなというイメージで、いつぶりか調べたらリーダー作としては約14年ぶりってことになるらしい。  "Electric Side" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a5517476…

続きを読むread more

"12 Stars" Melissa Aldana

Melissa Aldanaという女性サックス奏者のリーダー作で、入手に手間取って結局は聴かせてもらってます。 彼女の入ったアルバムは、Jure Puklのリーダー作で聴いてまして、当初はゲストで1曲参加だったのですが、年を追うごとに参加曲数が増えてってまして、実力を認められていったことがうかがえる。  "The Life …

続きを読むread more

"Evening Fragments" Lunatic Equinox

この3人の演奏はいろいろなお店のライブスケジュールを眺めているとちょこちょこ見かけてまして、気にはなってました。 実は、2018年に南さんと林さんのデュオなんて演奏は聴いてまして、このあたりが発端になって出来上がったユニットなのかもしれません。  "(20180224)" (https://jazz-to-audio.see…

続きを読むread more

"Ari's Funhouse" Ben Markely(Ari Hoenig)

本作は、Ben MarkelyがAri Hoenigの曲をアレンジしたもので、Ari Hoenigも演奏で参加している。 こうやってオリジナルの曲を集めたアルバムが出るってことは、それだけ曲の良さが巷で評価されているってことなんだと思いますが、これまで自分はあまり意識してなかったかなぁと..(汗) そういえば、最近Ari…

続きを読むread more