"ギャザリング" 馬場智章

馬場智章は、北海道出身1992生ということで石若駿と同郷同世代で北海道でも共演していたそう。 石若はそのまま日本で活動を続けるが、馬場は米国で修業を積んでいて、2020年に拠点を東京に移し、が初リーダー作"STORYTELLER" (https://www.amazon.co.jp/dp/B083LTHRP9/ )をリリース。…

続きを読むread more

"Shifting Sands" Avishai Cohen

ベーシストのAvishai Cohenのリーダー作は2021年の"Two Roses"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/482825606.html )以来。 Avishai Cohenは、イスラエル色の濃い作品とジャズ色の濃い作品が交互にリリースしているようで、前作がイスラエ…

続きを読むread more

"カーラ・ブレイが好き!!" 渋谷毅

渋谷毅さんの久々のリーダー作がリリースされました。 渋谷毅さんは、これまであまりのめり込んで聴いてきたわけではありませんでしたが、コロナ禍にちょっと古い邦人ジャズをいろいろ聞かせていただく機会をいただき、さらに渋谷さんのお話を聴く会が全5回(1回欠席)開催されたこともあり、さらにその魅力に惹きつけられていきました。 とく…

続きを読むread more

"Swing On This" Opus 5

2011年~2015年にかけて4枚のアルバムを出していた、オールスターセッション的なメンツによるアルバムが7年ぶりにリリースされました。 このバンドは、Criss Crossレーベルだけでリリースされていたが、レーベルオーナーが亡くなったことからレーベルの応援的な意味合いもあっての再結成リリースかなと勘繰ってます。 ちな…

続きを読むread more

"Little Girl Blue" 松本茜

松本茜のアルバムを聴くのは、2017年の"Night & Day" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64126986.html)以来。 本人のHP(http://www.akanejazz.com/akanejazz/Welcome.html )を見ると、これが7枚…

続きを読むread more

"Every Note Is True" Ethan Iverson

2020年にThe Bad Plusから脱退したEthan Iversonの脱退後2枚めのリーダー作。 前作は、2管クインテットにUmbria Jazz Orchestraを従えた大所帯でのBud Powell曲集。  "Bud Powell In The 21st Century" (https://jazz-to-aud…

続きを読むread more

"Inner Spirit" Bill Evans

初めて買ったジャズのアルバムが、"At The Montreux Jazz Festival"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a10166931.html )だったことは過去にも何度か書いていたと思いますが、 その後、Riversideのコンプリート盤(12枚組)、Verve…

続きを読むread more

"ラッパでおやすみ 1&2" 渡辺隆雄

渡辺隆雄さんがコロナ禍に1人で作り上げたアルバム2枚を、これも聴かせてもらってます。 渡辺隆雄さんは、No Trunksでしばしばライブを行っていて、その参戦記が下記。  "Undercurrent 4(20200725)" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/4765…

続きを読むread more

"Live In Italy" Peter Erskine

Peter Erskineのピアノトリオっていろいろ聴いていたつもりだったが、自blogを漁っても、なにもヒットしてこない。 これ "Live at Rocco" (https://www.amazon.co.jp/dp/B00004TUVC/ ) とか聴いていた気がするが、これは2000年なので、blog開設前のリリース…

続きを読むread more

"Quarantine Dream" Caili O'doherty

Caili O'dohertyという女性ピアニストの2枚めのリーダー作。 初作は2016年にリリースされていたようです。  "Padme" (https://www.amazon.co.jp/dp/B00ZVA1M6K/ ) とはいえ、本作はNicole Glover目当てでの購入なので、それ以上の情報はあまり調査して…

続きを読むread more

"Isabela" Oded Tzur

Oded Tzurのリーダー作を買うのは、これが2枚め。  "Transrators Note" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64103048.html )  "Here Be Dragons" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/ar…

続きを読むread more

"Origin" Joey Alexander

Joey Alexanderはインドネシア出身で、2003年生とのことなのでこの紹介文の時点で19歳ということになる。 2013年にHerbie Hancockに絶賛され、2015年に"My Favorite Things" (https://www.amazon.co.jp/dp/B00TZE3W0C/ )でデビュー。これが…

続きを読むread more