"Duo-1" 広瀬淳二 / 大友良英

この両名のデュオのライブというのを実は聴いたことがありまして(自慢)  " (20180316)" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64443506.html ) この両名のデュオアルバムがでるなんてことは夢にも思っていなかったので、嬉々として買い込んできた次第。 …

続きを読むread more

"64 Charlesgate" 吉本章紘

吉本章紘のリーダー作は、すべて購入して聴いていて、以下の通り紹介している。  "Bleding Tone" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/482721159.html )  "Moving Color" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/…

続きを読むread more

"Shift (Bad Hombre Vol.II)" Antonio Sanchez

Antonio Sanchezのリーダー作は、2018年2019年の下記が近作といううことになるので、ちょっと久々ということになるが、コロナ禍で活動を控えていたということかもしれません。  "Channels of Energy"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a6452251…

続きを読むread more

"Crossing Reality" 秩父英里

紹介文の一部を引用すると  仙台市出身。作曲家・鍵盤奏者。東北大学卒業後、紆余曲折を経てバークリー音楽大学へ入学。  ジャズ作曲と映像音楽、ゲーム音楽を専攻し首席で卒業。 と、なんだか凄い経歴が書いてありましてそんな語に興味を持ったのも事実。メンツの良さもあって買いを決めています。 メンツは、曲によって入れ替わり…

続きを読むread more