"Quatrain" Gyan Riley/Julian Lage

鬼才John Zornが主催するTzadikレーベルからリリースされた、ギター2人によるアルバム。 その2人がタイトル欄記載の人で、前作がさらにBill Frisellも加えたギタリスト3人のアルバムでした。  "Garden Of Forking Paths" (https://jazz-to-audio.seesaa.n…

続きを読むread more

"Hamburg 1972 1st Set" Keith Jarrett

Keith JarrettのBootlegを中古で見つけて買い込んできたもの。 棚に並べられているときに、宣伝の紙が封入されていて、ECMから2015年にリリースされたアルバムと同じ日の録音とのこと。 ECM盤のほうは同日の2nd setで、本作は1st setの音源だそうです。  "Hamburg '72" (https…

続きを読むread more

"Exquisite Moment" Joel Goodman

Joel Goodmanを聴くのはこれが初めてだが、購入動機はメンツの良さ。 先日リーダー作が出たばかりのDonny McCaslin  "I Want More" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/500506243.html ) 2017年からリーダー作が出てないA…

続きを読むread more

"Mischief" Mark Guiliana

本作は、ジャケットデザインが同傾向の前作 "Sound Of Listening" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/497605992.html )とメンツが同じで、発売時期が近いことからわかるとおり、同じセッションからの2作めということになります。 一応、日本限定でのC…

続きを読むread more

"Beyond Orbits" 挾間美帆

現在、挾間は2つのバンドを抱えていて、1つはこのm_unit、もう1つはDR Bigband。 本作は、m_unitによる3枚めのアルバムということになります。 過去作は以下のとおり。  "Journey to Journey" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61742…

続きを読むread more

"Off The Charts" Richard Baratta

Richard Barattaはこれまで聴いたことのない人だが、David Kikoski, John Patitucciが全面参加というメンツをみたら買わないわけにはいかない。 この両名の共演って実は珍しいのではないかと、自blogを漁ったら見事にありませんでした。 ライブとかではあるんでしょうけど。 さらに半分の曲…

続きを読むread more

R.I.P. Carla Bley

Carla Bleyが10/17に亡くなった。 自分が、Carla Bleyの凄さを実感したのは、恥ずかしながらごく最近なので、偉そうなことは言えないが。 自分がそうだったように、名前は知ってても音楽は知らない人が多いんじゃないかと思うと、もったいないなぁと思う次第であります。  "Live" (https:/…

続きを読むread more

"SF Jazz 2014" Herbie Hancock

SF JAZZというと、SF JAZZ COLLECTIVEというシリーズもの?で、えらく値段の高いアルバムがいくつも出ているという印象で、初期作は買ってますが、その後は手を出していません。  "SFJAZZ Collective" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a1986…

続きを読むread more

"Dynamic Maximum Tension" Darcy James Argue

Darcy James Argue のアルバムはこれまでに3枚聴いていますが、本人のhp(https://darcyjamesargue.com/music/albums/ )を見ると、どうやらこれですべてのよう。  "Infernal Machines" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/a…

続きを読むread more

"Gentle November" 武田和命

武田和命の名前は、日本のジャズ史のような本などを読んでいて、いろんなところで名前を見るのでよく覚えている。 これまでの演奏は、第4期山下トリオでの演奏を聴いている。  イン・ヨーロッパ-1983- (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63142544.html ) 渋谷…

続きを読むread more

"Sonicwonderland" 上原ひろみ

上原ひろみの新作はトランペットの入ったワンホーンカルテットです。 近作を調べてみると、前作が、弦楽四重奏入りの作品  "Silver Lining Suite" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/484468527.html ) さらにその前がハープとのデュオ  "L…

続きを読むread more

"Passage" Johnathan Blake

Johnathan BlakeのBLUENOTEレーベル2作めとなる新作はジャケットが郷愁のアメリカっぽいもので、これをみるとアメリカーナかそれに近い作品のような感じですが、実際には昨年リリース作と同じメンツで作風もそちらと同じ流れのもの。  "Homeward Bound" (https://jazz-to-audio.…

続きを読むread more