"Standards, Vol.3" Dan Arcamone

Dan Arcamoneのスタンダード集の3作めがリリースされました。 いずれも配信(DL)なのでリリースのハードルは低いと思うが、それでも3作めまで進むということは、評判が良いのか、ギタリストの個人的嗜好なのかわからないが、当人としてはこの企画が気に入っているんでしょう。 過去の2作の紹介は以下のとおり  "Standa…

続きを読むread more

"Cloudward" Mary Halvorson

Mary Halvorsonはけっこうな多作家で、全部買ってると大変なことになりそうなのですが、いくつかは聴かせてもらい、いくつかは買って聴いて、いくつかは聴き逃しています。 近作は以下の通り。  "Amaryllis" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/490644617.…

続きを読むread more

"Featherweight" Rosie Frater Taylor

2021年に、ネット上で話題になっているのを見つけて聴かせてもらったのが下記アルバムで、これは全世界で話題になっていたようでストリーミングが300万回再生されていたとか..。  "Bloom"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/488609758.html ) 2024年に…

続きを読むread more

"Compassion" Vijay Iyer

Vijay Iyerの新作は、前作と同じメンツによるトリオ作。 前作は2021年リリースで、その紹介記事は以下のとおり。  "UnEasy" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/482070327.html ) そんなメンツは、Linda My Han Oh, Tysha…

続きを読むread more

"涛" 板橋文夫

板橋文夫の1976年のアルバムで、これが初リーダー作ということになります。 ご本人のhpのディスコグラフィ(https://bowz.main.jp/itabashi/disc/discography.html )では、このアルバムが一番最初に記載されています。 次作が、"Rise and Shine" (https://w…

続きを読むread more

"Electric Miles 2" Charles Pillow

Charles PillowのエレクトリックマイルスをBigBandで演奏するシリーズの2作め。 前作の紹介は下記のとおりですが、こちらはあまり良い印象の文章を書いていません。  "Electric Miles" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64584822.html…

続きを読むread more

"Fairway" Efreydut

ライブも含めて聴いている頻度がとても高い永武幹子が、大村亘とともにニューヨークに渡り録音してきたアルバム。 この Efreydutというユニットは、永武, 大村の2人らしいが、ここにゲストにKanoa Mendenhallを迎えて、本作はトリオ編成になっている。 Kanoa Mendenhallについて宣伝文には、J…

続きを読むread more

"Groove Street" Dave Stryker

Dave Strykerを聴くのはこれが4作め。 前作が"As We Are" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/488007665.html )で、これはJohn Patitucci, Brian Bladeが入っていることが白眉のアルバムでした。 本作は、その前の…

続きを読むread more

"Lados B" Daniel Villarreal

Daniel Villarrealというパナマ出身のドラマーのリーダー作で、個人的にはこれが初聴き。 本作は、2023年の年間ベスト大会(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/502185947.html )で村上マスターが挙げていたもの(https://notrunks.jp/…

続きを読むread more

"New Beat" Ulysses Owens Jr.

Ulysses Owens Jr.を聴くのは2022年の前作以来。  "Soul Conversations" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/486684395.html ) こちらは人種を超えた様々なメンツを揃えたことが話題になってました。 本作は、Gener…

続きを読むread more

"Enchanted" Tom Ollendorff

Tom Ollendorffというギタリストは知らないが、これはAri Hoenigの入ったギタートリオということで買いを決めている。 メンツは、この2人にConor Chaplinのベーシストを加えたもの。 このConor Chaplinという人も個人的には未知の人で当人のhp(https://www.conorcha…

続きを読むread more