"R+R=NOW Live" R+R=NOW

2_087.jpg
Robert Glasper, Terrace Martin, Derrick Hodge, Justin Tyson, Christian Scott, Taylor McFerrinと、昨今のジャズを調べていると、普通に目にする面々をズラッと擁した、R+R=NOWのライブアルバム。
スタジオ作は、2018年にリリースされ、そこそこ話題になっていたと思います。
たぶん、各人それぞれ多忙なんだと思うが、アルバムリリースのタイミングでライブもやっていて、その音源が3年を経てリリースされたということのようです。
ちなみに、R+R=NOWは、Reflect+Respond=NOWの略で、ニーナ・シモンの「時代を反映させることはアーティストの責務である」という有名な言葉にインスパイアされて生まれたグループ名なんだそう。

メンツは、オリジナルのR+R=NOWの面々に、Omari Hardwickがゲストとして入ってます。
Robert Glasper(P,Key,Vo)、Terrace Martin(Syn,Vocoder,Sax)、Derrick Hodge(B)、Justin Tyson(Ds)、Christian Scott(Tp)、Taylor McFerrin(Syn,Beatbox)
Omari Hardwick(Spoken Word)

演奏曲は、元アルバム未収録の曲を2曲(3,5)含んだ全部で7曲。
1.Respond
2.Been On My Mind
3.How Much A Dollar Cost
4.Change Of Tone
5.Perspectives/Postpartum
6.Needed You Still featuring Omari Hardwick
7.Resting Warrior

1曲めこそ、出自不明、国籍不明のような、それでいて象徴的なサウンドで1トラックを形成しているが、次の曲からはモロRobert Glasperな音世界になっていて、ビビるやらのけぞるやら。
具体的には、独特なエフェクトをかけたボイスが前面に出て来ていること、ブラコンまがいの微妙にスローテンポの曲を選んでいること。
コンポーザーとしてのRobert Glasperの才能とセンスが絶大なものであることを証明しているかのよう..。
表層的には、上記の通りということになるが、かなり緻密に作られた新しいリズム。
それをきっちりと再現して見せるドラムとベース。
その上で縦横無尽にソロを繰り広げるフロント陣と、演奏の凄さが尋常ならざるものがあるのも間違いのないところ。
これをライブでしっかり再現しているのは、さすがにテクニック面でもしっかりとしたものを持っていることを裏付けている。
リズム的には、いわゆるジャズぽさを感じられるものではないが、全体としては演奏の強度で聴かせるジャジーな演奏に仕上がっている。

ベストは7曲めになるんでしょう。

"R+R=NOW Live" R+R=NOW (https://www.amazon.co.jp/dp/B08QDPMXKJ/ )

この記事へのコメント