audio amigo-2

オーディオアミーゴ ようやく、いろいろ読み進めました。

もともと、candyの店主の書いたディスク評をじっくり読みたかったので、買ってきたと言う感じで
他の記事は、もっと枝葉末節的(例えば、江川的(謎)オーディオチューニングの記事満載、実に微細な部分での
チューニングについての記事)、または、懐古趣味的(蓄音機の写真が見えた。あるいは真空管に関する記事だらけ)な
内容かと思っていたのですが、個人的には実に読み応えのある「学」と「道」という観点、あるいは「写真」と「絵画」
という観点から、いろいろな方の話を聞いた内容満載で、実におもしろく読み、かついろいろ考えさせてもらいました。

ただし、まだまだ自分の中で整理が付けられない部分多大で、この本をもとにまだまだいろいろ考えを進められる、
広げられる内容でありました。

あと、広告がほぼ皆無であること。新製品紹介、往年の名器紹介も含めて、機械自体のの紹介がないのも
凄いオーディオ雑誌であると思いました。

そういえば、以前"オーディオ道入門"(http://www.bk1.co.jp/product/1981732)と言う本が出たとき
すぐ買って来て読んだのですが、当時あまりピンと来なくて、つまらん本だと思ったのですが、
もう一度読み直したら、面白いかなぁ...

この記事へのコメント