Toninho Horta "serenade"

トニーニョオルタの韓国でのライブです。
"serenade"(http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=540477)

これが、個人的には、韓国ライブの初めてのCDです。
今後、韓国ライブ盤ってのが増えるんじゃないかと想像しています。
今までは、アジアで収録したライブ盤というと、概ね日本が選ばれてきましたが、時代の変遷とともに
韓国に移るんじゃないかと思っています。

ハブ空港 というのがあるのですが、遠方からその近辺まできて乗り換えて目的地へ向かう
あるいは、地方からその飛行場に来て、そこから遠方へ向かうとか、乗り換えに利用する飛行場のこと
だそうですが、日本の飛行場がその役目を担えない状況になってきているとのことで、
そういった事情も、ライブ盤をどこで収録するかに影響しているんじゃないか?と実は、勘ぐっています。

さて、このアルバムですが、トニーニョのソロライブで、終盤でjack leeが共演しています。
最初に、アナウンスが入るのですが、もちろん韓国語です。

トニーニョは、ソロ作品が好きで、この盤を
"durango kid"(http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=625729)
"durango kid2"(http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=353940)
あたりとともに、愛聴しています。

静かな熱さというか、ギター1本のボサノバな音楽なので、基本的には気持ちよいのですが、演奏は
とっても熱いのであります。
思わず、聴き入ってしまう、気を惹きつける演奏の力というんでしょうか、そういうのがあると思います。

この盤を、昨晩altec A7で聴いてきました。あの人と一緒に(謎)

この記事へのコメント