Pat Metheny Group "Live in Chicago '87"

イメージ 1

Pat Metheny Groupの非正規盤も実は多数所有していまして、一時はいろいろ買い漁ってましたがキリがないのでひとつのツアー(概ねアルバムが出るとツアーに出る)に1枚は買うくらいにしています。
で、70年代後半と2000年以降は概ね時期ごとの音源を所有できているつもりなんですが、一番人気のあった、そしてツアーも精力的だった80年代90年代の音源が結構手薄で、メンバーの変遷に追従しきれていない。
ざっと所有ディスクを眺めて、1981、1983、1984、1992、1995、1998、2002ってな感じ(これでも十分な気がする)で、Pedro Aznarは1回目の参加と2回目の参加と聴けてますが、Still Life (Talking)リリース時のArmando Marcal、David Blamires、Mark Ledfordの3人が入った音源がないなってんでこの機会に購入を決めています。

この頃のPat Methenyはブラジルに傾倒していたころで、いわゆるブラジル3部作と言われている3枚がリリースされていまして、PMGの一番好きなアルバムというとこの3枚(に、この頃の公式ライブ盤"The Road To You")のいずれかを挙げる人が多い人気作となってます。
 1984の"First Circle"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00NJ1MO4W/)
 1987の"Still Life (talking)"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000CZ0Q5W/)
 1989の"Letter from Home"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000000ORJ/)
 1991の"The Road To You"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000CZ0Q7A/)
この頃のbootが以下のような感じ。
 1981が"Jaco""Salt Lake"(http://hepcat1950.com/pmd_boot.html)
 1983が"The Windup"(http://sudo.3.pro.tok2.com/Quest/cards/P/PatMetheny/Windup_x.html)
 今日紹介の"Live in Chicago '87"(http://www.amazon.co.jp/dp/B013JT71UA/)
 1984が"Live Circle"(CD-R)

この後、しばらくPMGとしてのアルバムは作られず、1991に失恋大作と言われているアルバムが作られてます。
 "Secret Story"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000UCEJCI/)

とはいえ、Pat Metheny Groupとしてのライブツアーはしっかりやっていまして、日本でもLive Under The Skyに出演してましたが、これが日本でのベストパフォーマンスだったという人もいます。この音源はTVで演った2曲はどっかで聴けるが、全貌のリリースはされていないはず。
その1992には、有名boot盤がありまして
 "In Concert"(http://www.discogs.com/release/2397693)

その後、活動再開してから毎年1枚のペースで3枚のアルバム出てますが、いまから思うとレーベルからのリリース要請から無理やり作成していたんじゃないかと思える節もあるようなないような..
 1995"We Live Here"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000F8DB4O/)
 1996"Quartet"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000000OVE/)
 1997"Immaginary Day"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000002NIE/)

"Quartet"のリリースツアーはやってなかったと思います。で、その後のツアーでこのアルバムからの曲も演ってないんじゃないかと思います。
Bootは"We Live Here"ツアーと、"Immaginary Day"ツアーのを所有しています。"Immaginary Day"ツアーのは買い直してもいいかも..。
 1995の"Autumn Leaves"(http://www.discogs.com/release/6114223)
 1998"Live in Baden-Baden"(CD-R)

この後またまたブランクが空いて、下記2枚がリリースされたところで、PMGの活動は止まっていると..。
 2002の"Speaking of Now"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00005V6IF/)
 2005の"The Way Up"(http://www.amazon.co.jp/dp/B0006M4SO6/)

ということで、今回紹介の作品ですが、メンツはそういうわけで下記6人。
Pat Metheny(G)、Lyle Mays(P)、Steve Rodby(B)、Paul Wertico(Ds)
Armando Marcal(Per)、David Blamires(inst)、Mark Ledford(inst)

演奏曲もその後もずっと人気がある曲を中心にした下記7曲。87年のライブで、89年に出るアルバムのタイトル曲を演ってるんですね。
01. The First Circle
02. Last Train Home
03. Are You Going With Me
04. Letter From Home
05. Its Just Talk
06. Minuano
07. Third Wind

内容は、音質もそう不満があるわけでもなく、演奏は文句なしです。
boot音源って、今の時代だとネット漁りまくると結構落ちてたりするんで、上記音源もどっかで聴くことができるかもしれません。

Pat Metheny Group "Live in Chicago '87"(http://www.amazon.co.jp/dp/B013JT71UA/)

この記事へのコメント