Linda May Han Oh "Walk Against Wind"

イメージ 1

Linda OhがLinda May Han Ohとミドルネームをいれた初のアルバム。
Fabian Almazanと結婚したことで、いろいろと身辺に変化が表れているようで、本作がCDでのリリースはなくダウンロード音源だけでのリリースされるのも、Fabian Almazanの主義に同調したためと思われる。

前作は、2013年にリリースした"Sun Pictures"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62200435.html)なんで、リーダー作としては4年ぶりと言うことになります。
参加作はたくさんあって、自blogを漁っただけでも10枚以上は出てくる勢い。
それよりもなによりも、Pat Methenyのバンドに参加(まだアルバムは出ていない)していることがもの凄いことであります。すごい出世ぶりです。

メンバーは、ピアノレス、ギター入りのカルテットを基本に、Fabian Almazanが3曲で客演する構成。
Linda May Han Oh(B,Vo)、Ben Wendel(Sax)、Matthew Stevens(G)、Justin Brown(Ds)、
Fabian Almazan(P:2,6,10)、Minji Park(janggu,kkwaenggwari:8)

演奏曲は、すべてLinda May Han Ohのオリジナルで良さそう。
1 Lucid Lullaby
2 Firedancer
3 Speech Impediment
4 Perpluzzle
5 Walk Against Wind
6 Ikan Bilis
7 Mother Reason
8 Mantis
9 Deepsea Dancers
10 Midnight
11 Western

ビート感が希薄でありながら、各楽器がそれぞれとても表現力のある演奏を重ねてくる1曲め。
LInda Ohのゴリッとしたベースが前面に出てくるのは、リーダー作の冒頭としては好感度高い。
そして、中間部以降のMatthew Stevensのギターが格好良い。
2曲めも、似たテイストの曲で、ベース、ギター、サックスに、Fabian Almazanのピアノが加わった4者の即興が折り重なるような曲。

3,4曲めで、ボイスをいれることでジャズというより、ワールド音楽と言ったほうが良いような独特の雰囲気を醸している。
Ben Wendelのサックスとのユニゾンが映える。
5曲めが、ちょっとミニマルな雰囲気を感じさせるリズムに、ポップなリズムを挟んだもので、これが今までのLinda Ohの作品に近いイメージ。
ここでのBen Wendelのサックスの温度感が高めで、個人的にけっこう好きな演奏。

後半は、リズムのないスピリチュアルで重い雰囲気が強めな演奏が多くなってくる。
全体的に、これまでの作風とはちょっと変化してきているようで、内容的に良く言えば重厚感、悪く言えば重苦しい感じが増してきている印象。

他のいろいろなセッションで、いろんな作風の演奏をしてきていることで、自分のなかで抜けている作風を抽出してリーダー作をつくったらこんな感じになったってことなのかなぁと思ってみたり。
とくに、Pat Methenyのバンドの影響(反動)が大きいのかなぁと。
それだけ広い守備範囲を持っているということの裏返してもありますが..

ベストは、10曲めで


Linda May Han Oh "Walk Against Wind" (https://www.amazon.co.jp/dp/B06X923L6G/)

この記事へのコメント