"JAZZED/SMILE"; 古地克成

イメージ 1

先日、移転オープンした新宿のディスクユニオンジャズ館を見に行った時に、バーゲン価格になっていた中から気になって購入したもの。
特に、メンツも収録曲も特別惹かれたわけではないが、なんか気になったという感じ。
しいて言えば、"PART TIME LOVER"と"SMILE"を演ってるなぁと思ったくらい。
2014年の作品です。

メンツは、以下の通りのサックストリオ。3人とも今回初聴きで良いと思います。
日野皓正グループへの参加歴を持つドラマーに、最近松本茜との共演が多いサックス、SLEEP WALKERのベーシストという言う布陣。
古地克成(Ds)、山田穣(Sax)、池田潔(B)

演奏曲は以下の通り。古地のオリジナル4曲に、Jimmy Heath、Bob Haggart、Stevie Wonder、Charlie Chaplinという構成。
1.Black Stone
2.GINGER BREAD BOY
3.MIST ISLAND
4.WHAT'S NEW
5.SONG FOR TOCO
6.FIRE FEED
7.PART TIME LOVER
8.SMILE

パリッとはっきりとした口調で、ハキハキと発言していくようなビバップ系のサックスがちょっと軽めに感じることもあるが、これは相対的なもので、普段聴いているサックストリオがハード過ぎるのが理由。

ズンと沈むベースの迫力ある音に耳を持ってかれることがままあるが、これは録音が派手ってわけではなく、音量バランス上これくらい出ていないと演奏に迫力が出てこないってことでしょう。
そういう意味では、ライブを聴いているよりかは音大きめには録れているとは思う。

空間を埋めていくように様々な音を発するドラム。
これをやかましいと思う人もいそうだが、全体のバランスとしては、そんなに音数が多過ぎるってわけではなさそう。

演奏自体は、そうハードではなく、きっちりとしたビートにテーマもほぼ崩さずに演奏しており、さらにメロディアスな即興と難易度は低めだと思うが、録音がはっきりとしたサウンドを録ることを指向しているが故に、ハードな雰囲気が滲み出ているような感じ。

ベストは6曲にしましょう

"JAZZED/SMILE" 古地克成(https://www.amazon.co.jp/dp/B00L0Z29Z8/)