"音楽系その他(書籍等)"の記事一覧

片山広明

御大 片山広明の命日は11月13日です。(2018年11月13日没) もう5年も経ってしまいました。 渋さ知らズの中心として  "ケイハクウタガッセン" http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a49624236.html RC Successionのホーン部門…

続きを読むread more

R.I.P. Wayne Shorter

Wayne Shorterが亡くなりました。 年末に新作 "Live At The Detroit Jazz Festival" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/494913253.html ) を紹介したばかりだったので驚いています。 1992年のLive Under …

続きを読むread more

R.I.P. Chick Corea

まだまだ精力的に活動をしているという認識だったのですが 唐突の訃報に、放心状態です。 ご冥福をお祈りいたします。 "Plays" https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/478865323.html "Spanish Heart Band -Antidote" …

続きを読むread more

R.I.P. Lyle Mays

ずいぶん前に、PMGは最低限誰がいればPMGたり得るか?、PMGと名乗れるか? という話題があったのですが、当時、メセニー、ロドビー、ワーティコ、メイズの4人が必須だという声が大勢を占めていたとき、個人的には、メセニーはメイズがいるバンドならPMGを名乗るだろうと思っていました。 よってもって、これで Pat Metheny Gr…

続きを読むread more

追悼 Joao Gilberto

Bossa Novaも、実はそう系統立てて聴いているわけではなく、ふとしたタイミングで耳にしたサウンドが良いなぁと聴いていた程度でした そんなころ、ちょっとレアになっていた下記アルバムを入手して聴いたことで、あれもそれもこれも Joao Gilberto なんだと名前を覚えたようなところがありました。  "38 T…

続きを読むread more

追悼 佐山雅弘

片山さんの訃報に萎えていたところ、立て続けに佐山さんの訃報が飛び込んできました。 このblogでは、遺作になると思われる  "B'Ridge" http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64583078.html だけしか紹介していませんが、 PON…

続きを読むread more

追悼 片山広明

もしかしたら、このblogで一番登場回数が多いのが、片山広明 かもしれない。 ご冥福をお祈りいたします。 === 片山広明 http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a6748732.html リーダー作 "Instant Groove" http://j…

続きを読むread more

Pat Metheny Group(妄想)考

Pat Metheny Groupとは。 以前(20年前くらい?)、そんな命題がありました。 個人的には、Pat MethenyにLyle Maysがいれば、他は誰でもPat Metheny Groupを名乗れる。名乗っても違和感はないと表明していました。 当時の大勢は、Pat Metheny、Lyle Mays、Stev…

続きを読むread more

最近届いた書籍

ジャズ批評の特集が、  『ロバート・グラスパー/ハービー・ハンコック』 となってまして、JAZZ THE NEW CHAPTER な臭いの強い特集になってます。 巻頭は、柳楽氏と村井氏の対談で、臭いどころかそのものズバりだったりしますw その後の、新世代ジャズメン紹介 のところがある程度でも JAZZ THE NEW CHA…

続きを読むread more

"JAZZ 100の扉" "JAZZ The New Chapter"

昨年秋から今年初めにかけて、村井さんと柳楽さんの本が立て続けにリリースされています。 当然(?)、出版直後に入手して、双方とも端から端までなめるようには読んでいませんが、全体をパラパラと、ことあるごとに延々眺め続けています。 でもって、今さらながらの紹介(^^;; "JAZZ 100の扉"は、年代順に概ね1…

続きを読むread more

HMV 渋谷店 8月で閉店

SJ誌休刊の噂が出たときに、同時に噂は流れていましたが。。。まさか、本当だったとは、ビックリしてしまいました。 このニュースをもって「CDは終わるのか?」とかいろいろ大きなことを考える人も多いと思いますが、個人的にはそもそもネット通販で手軽に入手できるという流通の変革が最大の要因と思っています。 輸入盤を買う輩(当然、私を含む)…

続きを読むread more