"音楽系その他(書籍等)"の記事一覧

五味康祐 "いい音いい音楽"

五味康祐さんは、多くの音楽、オーディオに関する文章を書いて、本が出ていたようですが、 残念ながら、ほとんどが廃本になっていて、新品で買うことは出来ません。 また、古書店でもみかけることはありません。 ということで、図書館で見かけたら借りてきて読んでいますが、それでも限度があります。 五味さん自身は、クラシックを聴く人な…

続きを読むread more

ジャズ批評 138号

ジャズ批評138号が出ていたので買ってきました。 特集は、「ジャズ超入門」ということで、どこかで聞いたことのあるタイトルです(笑) 某氏(別に隠すこともないんですけど..)の書籍では、月に買うのは2枚だけ、1ヶ月間その2枚をしっかり 聞き込むこと、所有数が100枚を超えたら、100枚になるよう、聴かないものは処分すること。 …

続きを読むread more

小川隆夫 "ジャズマンが愛する不朽のJAZZ名盤100"

小川隆夫さんの書籍です。 小川 隆夫さんの著作って、今までまともに読んだことがありませんでした。 出版時期が、後藤、寺島、中山氏の著作の直後に、似たような題材の書籍が出ているような印象がありまして、 しかも、もっとベタなタイトルで、なんだかなぁと言う感じがしていたわけです。 先日、ひょんなことからちょろっと読んだら、内容…

続きを読むread more

CDが届かない

某通販サイトでCDを頼んでいるのですが、全然届いていません。 一番古い発注は、3/20なんですがこれを筆頭に都合3回計8枚が入荷待ちのままになっています。 (とはいえ、4月に発注したので届いているのはありますが..) 複数枚同時発注で、**%オフを目当てに、2~3枚まとめて発注しているのですが、そのうちの1枚が 全然、入荷し…

続きを読むread more

知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 -マイルス・デイビス

NHK教育で、菊地成孔さんによるマイルス紹介番組が、始まりました。  「知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 -マイルス・デイビス 帝王のマジック- 1」   NHK教育 午後10:25~午後10:50   http://www.nhk.or.jp/shiruraku/   黒いテンガロンハットをかぶっての登場でした。 …

続きを読むread more

DCPRGが・・・?

どうやら、4/25の渋谷でのライブで、解散を宣言したようです。 結局、生では見られませんでした(その体力に自信がなかったというのが正解か?)が、TVで2回 CDは(ほぼ?)全部で、楽しいときを過ごさせてもらいました。 んん~。。。そうですか...(感慨深い)

続きを読むread more

菊地成孔の書く Miles Davis

書籍の紹介です。というか、TV番組の予告になるんでしょうか..。 NHK教育、5月の毎週火曜日、PM10:25~10:50 「知るを楽しむ 私のこだわり人物伝」という番組で、我らが菊地成孔氏が、「マイルス デイビス」について話します。話すようです。多分 そのテキストが先日発売になりまして、番組見るかは置いといて(汗)、テキス…

続きを読むread more

菊地成孔 他 "聴き飽きない人々 〈ロックとフォークのない20世紀〉対談集完全版"

2005年刊「200CD 菊地成孔セレクション~ロックとフォークのない20世紀」に掲載された対談 だけをまとめた本です。 元本では、エッセンスだけをまとめあげたものだったのですが、対談がとても面白いと言うことで、 この部分だけを抜き出して完全版にして、あらたに出版されたものです。 一通り読んでの感想は、元本の対談抜粋でも、…

続きを読むread more

相倉久人 "新書で入門 ジャズの歴史"

ジャズの入門書、しかも歴史なんて本は、もしかしたら久々に読んだかもしれません。 嘘、(http://www.bk1.co.jp/product/2556518)を、最近読んでいる。 ジャズ批評家の書いた、ジャズの歴史本というのは、久々に買ったような気がします。 多分、(http://www.bk1.co.jp/product/…

続きを読むread more

川下さんのCD-Rリリース

先日、ディスクユニオンのHPを見てみたら、「まねきねこ商会」というところが発売元で、川下直広さん 関連のCD-Rが10枚リストに載っていまして、最低限フェダインだけはなんとかしたいと、(近所じゃない) ユニオンに赴いたら、残念ながら店頭には在庫がなかったようで、買えませんでした。 近々、注文して1~2枚は入手したいと思っている…

続きを読むread more

小川隆夫 「となりのウィントン」

先日読んでから、見つけたら読む状態(すいません、買ってません。図書館です。)で、小川さんの著作を 続けようと意気込んでいるのですが、さっそく新刊の「となりのウィントン」を見つけて借りてきました。 冒頭で、ジャズクラブから出て、ウィントンと話ながら歩いて帰っていると、歩く方向がずっと同じで 最後に、隣のアパートに住んでいること…

続きを読むread more