"音楽系その他(書籍等)"の記事一覧

小川 隆夫 "ジャズ・トーク・ジャズ - 証言で綴るモダン・ジャズの真実 "

小川 隆夫さんの著作って、今までまともに読んだことがありません。 何故かというと、出版時期が、後藤、寺島、中山氏の著作の直後に、似たような題材(タイトル)の書籍が 出ているような印象がありまして、なんか二番煎じのような印象が強くて、書店で手が出にくかったというのが あります。 たまたま、図書館に置いてあるのを見つけて、借りて…

続きを読むread more

音の匙

山口孝さんの新刊が発売になります。 タイトル「音の匙」 某殺し屋店長に、読むヒントを与えられてから、俄然、自分の中での注目度は上がっていた連載ですが いまいち、行間というか、読み切れていない部分があったのですが、単行本化されたことで 本への集中度が高められると思うので、いろいろ読みとれるようになったらいいなぁと... …

続きを読むread more

JAZZ TODAY

一部、CD店で配布しているフリーペーパーです。 当初は、ewe(http://www.ewe.co.jp/index.php)レーベルの広報誌だったのですが、1年くらい前?に 別資本?(鯉沼さん)が入って、もうちょっと広い記事内容になって継続されています。 この別資本参加のちょっと後に、現在のイラストの表紙になっているはずです…

続きを読むread more

中山康樹 "挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門"

中山さんの新しい本が出ました。 「挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門」 凄いタイトルです(笑) 何度か聴こうと思って聴いてはみたけど、でもダメだった、 けどなんとか楽しめるようになりたいという人に、読んでもらいたいということでしょうけど、 そこまでして聴きたいと思う人ってどれだけいるんでしょうか? でも、ジャズ…

続きを読むread more

備忘録

これから発売 《書籍》  中山康樹 "挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門" 1/31頃  山口孝  タイトル未定 ステレオサウンド誌の連載"音の匙"をまとめたもの  菊地成孔 タイトル未定 ロックとフォークのない20世紀 200CDの対談部分 《CD》  上原ひろみ  …

続きを読むread more

訃報

Tenor saxophonist Michael Brecker dies at age 57 in New York City マイケルブレッカーが。。。。(泣) http://www.iht.com/articles/ap/2007/01/13/arts/NA-A-E-MUS-US-Obit-Breck…

続きを読むread more

五味康祐 ”五味康祐 オーディオ遍歴”

1982年の文庫です。もう、新刊書籍店でも、古本屋でも、見つからないんじゃないかと思います。 が、図書館を丹念に探すと出てくるかも知れません。 私も、図書館で見つけました。 五味康祐さんが、凄い音楽狂で、オーディオ狂であることは、知ってる人はよく知っていることだと思いますが その氏が、自身のオーディオについて語っている本です…

続きを読むread more

「Nice Age -YMOとその時代 1978-1984」 田山三樹編著

3日間出かけておりました。 出かけている移動時間(電車で移動)用にと、購入した書籍です。 年表に1/3、当事者以外の人へのインタビュー2/3程度と言う感じの比率で書かれた書籍です。 年表は、あとがきにもありますが、その年の出来事を克明に記すというよりは、読めるような形式で 書かれていて、主に、公演、YMO作品のリリース、…

続きを読むread more

2006年のベスト3+α

ベスト10とか、ベスト3とかそんなことを考える時期になりました。 こういうのは、深く考えると決められなくなると言われているので、パパッと思いついたところを並べると  メルドー、メセニー  underground chrispotter  Christian Mcbride って感じでしょうか。。。 で、特別賞に …

続きを読むread more

「ジャズ”ライブ名盤”入門」

中山康樹さんのあったらしい本が出ました。 これは「名盤聴き直し」シリーズの第3弾という扱いで、過去から最近までのライブ盤だけを紹介しています。 はじめに に 「ジャズを聴く人はライブ盤を軽視している」というような文がでてくるのですが 個人的には、「ジャズはライブ盤だ」と思っているので、「そうかぁ?」と、のっけから斜に構えて …

続きを読むread more

Yellow Magic Orchestra "Live At Greek Theater 1979&q…

久々に、聴いたら やっぱり良かったです(^^) -- 1979年8月4日にチューブス公演のオープニング・アクトとして、海外では初の公演となるライブを収めた1枚。 ということで、最初のワールドツアーの録音からの盤です。 このツアーからのライブ盤は、実は結構リリースされてまして、最初に"public pressure&q…

続きを読むread more

The Beatles "LOVE"

ビートルズの新譜というふれこみで、最近発売されたけど、実質はリマスター+リミックス盤でかつベスト盤 というのが正解と思われるアルバムであります。 出自が、ビートルズの歌を使ったショーを行うことで、そのために楽曲に手を入れたということなので そう言う意図で作られたアルバムだと言ったほうが。。。。宣伝的には地味になりますね(^^;; …

続きを読むread more