"JAZZ(1970~2000)"の記事一覧

"Sextet" Carla Bley

Carla Bleyの名曲 Lawns の1stレコーディング作を探していたら、多分これだろうとあたりがつき、中古を探して買い込んできました。 Lawnsは、  渋谷毅の"カーラ・ブレイが好き!!" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/491759541.html )、  S…

続きを読むread more

"Vine" Chris Cheek

Chris Cheekという名前は、FSNT(Fresf Sound New Talent)とかCriss Crossレーベルのカタログを見ているとよく見かける名前ではありますが、これまで単独でのリーダー作は聴いていなくて、唯一、Seamus Blakeと双頭名義のアルバムが引っかかるだけです。  "Reeds Ramble"…

続きを読むread more

"Inner Spirit" Bill Evans

初めて買ったジャズのアルバムが、"At The Montreux Jazz Festival"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a10166931.html )だったことは過去にも何度か書いていたと思いますが、 その後、Riversideのコンプリート盤(12枚組)、Verve…

続きを読むread more

"Over The Rainbow" Jorgen Emborg / Steve Swallow

ジャケットをみると、JAZZPAR PROJECT 1992 という語が見えるので、その頃の音源なんでしょう。 リリースは2021年で良いようですが、なんで今頃?という気はします。 本作は聴かせてもらっています。 自blogでSteve Swallowを検索すると、彼の曲を演奏しているライブ等は多く出てくるが、本人…

続きを読むread more

"Music Room 1985" Wayne Krantz

Wayne Krantzの1985年のファーストアルバムで"幻の"とか"秘蔵音源"と宣伝されている音源がリリースされました。 これまで"Signals"が1枚めという認識だったんで、ちょっと驚きを覚えつつ買わないわけにはいかないのでしっかり買い込んでいます。 過去CDでリリースされたアルバムは一通り聴いているつもりなので、参…

続きを読むread more

"Live In Tokyo 91" Barney Wilen

Barney Wilenは、1987年にフランスのIDAレーベルからリリースされた3枚のアルバムを聴いたところが馴れ初めで、当時寺島さんが絶賛していた文章を読んで、たしか六本木にまだあったWAVEまで買いに行ったはず。  http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a20783188.htm…

続きを読むread more

"Do It 1992" Kurt Rosenwinkel/Scott Kinsey

Kurt Rosenwinkelが1992年に録音した音源がタワー限定でリリースされたもの。どうやら、世に出すことを目的にしたものではなかったようです。そんな蔵出し音源のリリース告知が突然出たもんだから、そりゃ買わないわけには、聴かないわけにはいきません。収録曲も控えめですが、値段も控えめ。障壁は低いです。枚数限定とはなっていないが…

続きを読むread more

"Trio '97: At The Village Vanguard" Fred Hersch

Fred Herschの1997年のVillage Vanguardでの演奏の蔵出し音源です。 積極的に買って聴くまで、Fred HerschというとVillage Vanguardのライブだけ買っているような状態で、下記しているのがそのVillage Vanguardでの演奏を紹介した記事で一番古いのが2002年のものでした。 …

続きを読むread more

Fred Hersch "ETC"

Fred Herschの1988年の演奏が、これは再発だと思うが、リリースされました。 最近の演奏(CD)は、ほぼ欠かさず聴いているが古い演奏は全然聴けてないので、タイミングがあったら聴いておこうと購入を決めたもの。 Fred Herschは2008年に生死を彷徨うほどの大病を患っているが、それ以前の演奏はほとんど聴いておらず、…

続きを読むread more

Brian Blade "Perceptual"

Brian BladeのFellowshipバンドの2作めです。 このアルバムだけ聴いていなかったのですが、タイミングよく聴けたのでその紹介。 過去のアルバムは以下の通りで、初作が1998年で最近作が2017年、2018年6月にはKurt Rosenwinkelが復活したライブ(https://www.youtube.com/…

続きを読むread more

Charles Lloyd "Voice In The Night"

Charles Lloydのリーダー作を自blogで紹介しているのは4作あるが、ECM盤は1作だけで、その後のBLUENOTE移籍作はひと通り聴いています。 ECM時代のCharles Lloydも良いがBLUENOTE移籍後の演奏が良いようなコメントも見られるので、比較のためにも、ちゃんと聴いておこうと思った次第。 本作は19…

続きを読むread more

Gonzalo Rubalcaba "LIVE IN HAVANA"

Gonzalo Rubalcabaは、国内盤が出ていた1990年の前半は宣伝につられていろいろ買って聴いてたんですが、その後、そのラテンサウンドが耳障りに感じたら買わなくなっていったんですが、blogに書いた"Avatar"のラテン色が抜けた演奏がえらく格好良かったのが印象的だったなと..。 自blogでは…

続きを読むread more