"JAZZ(1970~2000)"の記事一覧

Courtney Pine "Traditional Beckoning"

この盤は、中古店でCourtney Pineがスタンダードを演ってるアルバムのようだという、ジャケから読み取れる情報だけで、買い込んできたアルバムとなります。 実は素性もよく判らずに買ってきたのですが、Courtney Pineの古いアルバムなら面白いだろうという予測をたててみたのですが、はてさて。 このアルバムは1988のリ…

続きを読むread more

Herb Ellis "After You've Gone"

1975年のコンコードジャズフェスティバルのライブ録音ですが、アルバムとしてはHerb Ellisのリーダー作と言うことで良いと思います。 ジャケ上は、メンツがタイトルの下に平行?に記載されているだけで、特に1人が際立っているわけではなく、国内盤の帯には"ハーブ・エリス&レイ・ブラウン"になっているので、オールス…

続きを読むread more

Duke Ellington, Ray Brown "This One's For Blant…

このアルバムは、先日行けなったライブ(山口コーイチ(P)、不破大輔(B))の解説文に店主様が「・・レイ・ブラウンとエリントンのThis One's For Blanton!も忘れられない。しかしピアノとベースとのDUO作品を選べと問われればジミー・ブラントンとエリントンの4曲を私は選ぶだろう。」という一文を書いておりまして、…

続きを読むread more

Dag Arnesen "Inner Lines"

Dag Arnesenのトリオ作品で1998年のものの再発だそうです。 Dag Arnesenは(というよりTerje Geweltに)、かなりハマってまして、過去に  "Norwegian Song"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a48498127.html…

続きを読むread more

F.& L. Moutin Quintet "PARCOURS"

先日、中古屋さんでCDを眺めていたら、MOUTINの名前でひっかかりまして買ってきた盤となります。 MOUTINというと、MOUTIN REUNION QUARTETが双頭のリーダーバンドとして現在も活動をしていますが、その前にこのようなユニットが存在していたとは、全然知りませんでした。 1991年のフランス録音となります。ちなみ…

続きを読むread more