"JAZZ(1970~2000)"の記事一覧

Seamus Blake "Call"

Seamus Blakeも、昨今の我がサックス奏者アイドルの1人に なっておりますが、聴き始めたのは"Live In Italy"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a56127199.html)の前後からかと思います。 この盤でぶっ飛んだ後、新作はもとより旧作も(…

続きを読むread more

Bill Stewart "Think Before You Think"

関東でもまだまだいろいろ大変ですが、できるだけ通常通りに更新していくようにします。 Bill Stewartの1998年のリーダー作です。Bill Stewartを寺島さんがもてはやしていたころ、話題になっていましたが、その頃は売れていたんでしょう。店頭でもほとんど見かけない作品となっていましたがさすがにこの頃になるとちょろ…

続きを読むread more

OAM Trio "Trilingual"

Aaron Goldbergを求めていろいろ買い漁っています。 ということで、FSNTから出ていて、昨今Mark Turner入りの作品をリリースしたOAM Trioの1作目です。 Mark Turner入りの1作目(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59829623.html)が2…

続きを読むread more

Joe Pass "Portraits Of Duke Ellington"

この盤は、図書館で見つけて借りてきました。 図書館にも、ジャズアルバムって結構置いてあるし、良いアルバムもたくさんあると思うのですが、なんとなく今聴かなくても良いか? と感じることが多く、あまりいろいろ借りてきていないんですよね.. このアルバムも何度か見かけていると思うのですが、ようやく手に取ったって感じがあります。 …

続きを読むread more

Dollar Brand "African Piano"

図書館でCDを漁っていて、ちょっと気になって借りてきた盤です。 特にワールドカップにかこつけたつもりはないのですが、Dollar Brandは南アフリカ出身のピアニストなのでありました。 1969年10月のコペンハーゲンでのライブ録音によるピアノソロ作品で演奏曲は以下の通り。全部オリジナルのようです。 1 Bra Joe f…

続きを読むread more

Scott Colley "This Place"

この盤もChris Potter買いです。1998年の作品で、この頃以前のChris Potter盤というと、この3人にkevin haysが入った4人が基本構成のようなイメージありますので、盤石の最小構成員体制といったところでしょう。 Scott Colley(B)、Chris Potter(Ts)、Bill Stewart(Ds…

続きを読むread more

Seamus Blake "Echonomics"

遅れたSeamus Blakeのリーダー作収集シリーズです。 Seamus Blakeはピアノとギターの双方が参加しない作品が良いんじゃないか?と前回(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59195199.html)書いているのですが、ギターが参加しないでピアニストだけなので、買ってみた…

続きを読むread more

Aaron Parks "First Romance"

Aaron Parksの何枚目?かのリーダー作です。 Matt Penman "Catch Of The Day"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59254462.html)での演奏が妙に、ひっかかりまして購入できる(とはいえ、中古でしかも廃盤価格)なかで評判の…

続きを読むread more

Manuel Rocheman "Tropic City"

Manuel Rochemanの3枚目のアルバムになります。 一時期、1枚目"TRIO URBAIN"の入手でいろいろ聴きたくなってしまって、一気に4枚揃えてしまいました。 ここにきて、未入手の盤を中古で見つけて2枚入手したので、トリオ作品は一通り揃ったことになると思います。 リーダー作(トリオだけ)とメ…

続きを読むread more

Seamus Blake "Stranger Things Have Happened"

Seamus Blakeの3枚目のリーダーアルバムのようで、FSNTでは唯一のリーダー作ということのようです。 メンツは以下の通り。最後に記載のGは3曲目だけ。基本はギタートリオ+管という編成になります。 SEAMUS BLAKE(Ts,Ss)、KURT ROSENWINKEL(G)、LARRY GRENADIER(B)、JO…

続きを読むread more

Manuel Rocheman "White Keys"

Manuel Rochemanの2枚目のアルバムになります。 一時期、1枚目"TRIO URBAN"の入手でいろいろ聴きたくなってしまって、一気に4枚揃えてしまいました。 ここにきて、未入手の盤を中古で見つけて2枚入手したので、トリオ作品は一通り揃ったことになると思います。 リーダー作(トリオだけ)とメン…

続きを読むread more