"J-JAZZ(日本のJAZZ)"の記事一覧

"BLUE BLACKの階段" 渋谷毅, 松風鉱一

渋谷さんのデュオ作は、渋谷毅オーケストラのメンバーと作っているとのことですが、ゆっくりペースで作られているので、まだまだ全然完遂にはなってません。 自blogで紹介しているのは下記2枚。  石渡さん "月の鳥" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/485869251…

続きを読むread more

"salvation" モノンクル

ものんくるの、これはシングルで、アニメの主題歌になったものがリリースされたもの。 ものんくるは、アルバムは初期から聴いていて紹介記事は以下の通り。  "SARA"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62448433.html )  "飛ぶものたち、這うものたち、歌うも…

続きを読むread more

"Aspire" 清水絵理子

1973年生まれ、それまでクラッシックを演奏していたが、19歳の時にジャズに転向、2010年に初リーダー作をリリースしたという来歴の清水絵理子の4枚めのアルバム。 2019年の峰厚介のアルバム"Bamboo Grove"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64750186.ht…

続きを読むread more

"魚返明未&井上銘" 魚返明未, 井上銘

魚返明未と井上銘との、ピアノギターのデュオ作。 ほぼ同じタイミングで、高橋、中牟礼の同じくピアノギターのデュオ作がリリースされているところが、変な縁を感じさせる。 魚返はこれまで2枚のアルバムを聴いていて、他に参加作もいくつか聴いてますし、ライブも1回だけだが聴いています。  "STEEP SLOPE" (https:…

続きを読むread more

"Nu" 高橋佑成 / 中牟礼貞則

若手の高橋佑成(1994生)と、重鎮の中牟礼貞則(1933生)のデュオという異色の組み合わせでのアルバムがリリースされました。(年の差60年超!) 高橋は、2015年に石若のライブで知って、初リーダー作?も入手しています。  "It's Easy to Remember" (https://jazz-to-audio.s…

続きを読むread more

"Contra Banda" 沢田穣治

沢田穣治のリーダー作を聴くのはこれが初。 過去に5~6枚はアルバムが出ていそうだが、どちらかというと裏方(作曲、編曲、プロデュース)がメインの人という印象。 ショーロクラブが一番有名だと思うが、個人的には未聴..。 過去に"Gray-Zone"という馬場孝喜, 芳垣安洋との作品は聴いてまして、さらにそのライブも見ていま…

続きを読むread more

"OPEN RADIO" 仲野麻紀

このアルバムは聴かせてもらったもので、1回聴いて自分の範疇ではないかなということで文章を書かないつもりだったんですが、四谷の老舗ジャズ喫茶イーグルの店主後藤氏が、2021年の年間ベスト大会でかけていたという情報を見つけて、しっかり聴いておこうと思いなおし、しっかり聴くなら文章も書こうってことで、この文になっています。 …

続きを読むread more

"ROOT" 吉田達也 + スガダイロー

スガダイローのリーダー作はおおかた買っているつもりだが、ダイローさんの場合一般流通にのらない作品を作っている可能性があるので侮れない。 前作リリースからそう日が経っていないので取りこぼしはないと思うのだが..。 その前作は、  "2021 Live At Shinjuku Pitinn" (https://jazz-to-…

続きを読むread more

"Grand Voyage" 大西順子

大西順子は、ここのところ相変わらずの多作状況で、前作は本人が演奏をしていない大所帯バンドの作品。  "Out Of The Dawn" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/483242105.html ) その前がセクステット  "Unity All: Live At Pit…

続きを読むread more

"Fotos" Akihiro Nishiguchi Group

西口明宏は、これが3枚めのリーダー作になるようで、2020年の作品。 参加作は、自blogを漁ると4つ出てきました。  井上銘 "WAITING FOR SUNRISE" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62457967.html )  Megapteras "Full…

続きを読むread more

"Nearest and Dearest" 駒野逸美

菊地成孔のDub Septetに参加したのは、確かネットの情報で見ていたが、残念ながらこの編成でのアルバムは作られず。 Dub Sextetというユニットでは3枚のアルバムが出ていたので、ちょっと残念と言えば残念。  "the revolution will not be computerized" (https://j…

続きを読むread more