"JAZZ(2001~2005)"の記事一覧

"Blackbird" Shelly Berg

Shelly Bergというピアニストの2005年にリリースされたトリオ作で、これは聴かせてもらってます。 日本語のwikiがあること、リーダー作が1995年から10枚以上出ていることより、そこそこ有名な方であるとは思うのですが、残念ながら個人的にはこれまで聴く機会がありませんでした。 ちなみに、1955年生で65歳を超えて…

続きを読むread more

"The Arrival" Yotam Silberstein

Yotam Silbersteinの2003年にリリースされた初リーダー作で、今年になって国内盤で再発になったものを買い込んできました。 Yotam Silbersteinは、2016年の最後の国際フォーラムでのTokyo Jazz で無料で演ったコンサートを聴いてぶっ飛んだところからの付き合いで、その直後にリリースされた…

続きを読むread more

"Session One" Dan Papirany

Dan Papiranyは初めて聞く名前です。 ちょっと調べたところ、イスラエル出身で現在はニュージーランドで活動するピアニストで、1967年生まれとのこと。 今年のNo Trunksでのベスト大会(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64397913.html)で聴かせてもらっ…

続きを読むread more

"Kaboom" James Muller

ちょっと前の盤を引っ張り出してきて聴いてるなかの1枚。 オーストラリアのギタリストJames Mullerの2005年リリースのアルバム。 James Mullerは、Sean Waylandのアルバムで聴いている人で  "Pistachio" (http://jazz-to-audio.seesaa.net…

続きを読むread more

Charlie Haden/Gonzalo Rubalcaba “Tokyo Adagio”

Charlie Hadenのデュオ作は過去から定評があり、個人的にも相当量購入して聴いていますが、結局生で見ることはできませんでした。 亡くなった時の追悼ページにずらずらと並べてあるので参考までに..  R.I.P. Charlie Haden(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62…

続きを読むread more

Aaron Goldberg "unfolding"

Aaron Goldbergの"Now"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63077374.html)を聴いていたときに、メンツと他のアルバムを眺めていたらこの3人で演ってるアルバムが過去にもあることを見つけて、さらに中古の在庫を見つけたので買い込んできました。 …

続きを読むread more

Lionel Loueke "In a Trance"

Lionel Louekeというと、最近ではRobert Glasper界隈での演奏で注目されているというイメージですが、そもそもは、Terence Blanchardバンドから、Herbie Hancockの2005年版Headhuntersへの参加という経緯の持ち主で、Richard Bonaに続くアフリカンミュージシャンという位…

続きを読むread more

David Gilmore "Ritualizm"

David Gilmoreのライブアルバムが良さそうだとチェックしてまして、値段がこなれた瞬間を見計らってさらっと購入したら、ことのほか良く。良い演奏だとblog書いてましたら、前に2作あって、そっちのほうが良いような話をそこここから聴きまして、そうなると俄然聴きたくなるのですが.. ちょうど、良い機会があり聴くことができました。 …

続きを読むread more

Kurt Rosenwinkel "Heartcore"

Kurt Rosenwinkelは、2005年の"Deep Song"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a493169.html)あたりから注目して聴きだしてそれ以降のアルバムは全部買っているつもりですが、それ以前のアルバムは全部は持っていなかったりします。(熱狂的な…

続きを読むread more