"JAZZ(2001~2005)"の記事一覧

Francesco Cafiso "Very Early"

Francesco Cafisoの2002年のデビューアルバムをようやく入手することができました。 ユニオンで、再発分を安価に提供しているのをみつけGW中にお店まで買いに行って入手しています。 Francesco Cafisoのリーダー作は、だいぶ買い揃えてきましたが、まだ数作買えてないのがあります。 が、廃盤で高値のものも…

続きを読むread more

Anton Goudsmit / Efraim Trujillo / Jeroen Vierdag / Marti…

この盤は、よくblogにコメントをいただくBettaTaroさんに教えていただいた盤で、音も大半は聴かせていただいていたのですが、なかなか良さそうだったので購入した次第であります。 昨今はThe Ploctones という名義で活動をしているらしいですが、年を経るに従って洗練されていってしまい初期の音源のほうが断然よい演奏だとい…

続きを読むread more

Esperanza Spalding "Junjo"

新作がリリースされ、ここのところ話題と人気が上昇中のEsperanza Spaldingのデビューアルバムとなります。 Esperanza Spaldingは、最初に"Esperanza"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59631520.html)を買い込んでき…

続きを読むread more

Brian Charette "Live At Deanna's"

この盤は宣伝に乗って買っている部分が大きいと思います。たしか幻盤のような扱いで、再発の宣伝になっていたと思います。ユニオンでも当初はCD-Rでの入荷だったとか? 1999年12月22日にNYのレストランでライブ録音されたものでオリジナルのリリースが2003年だったようです。 この時期(年末)にこの時期(月日)のライブ演奏を出してく…

続きを読むread more

Matt Penman "Unquiet"

Matt Penmanの2002年のFSNTからのリーダー作です。 メンツは以下の通り、今となっては泣く子も黙ると言いたくなるような面々です。 Aaron Goldberg(P)、Chris Cheek(Sax)、Kurt Rosenwinkel(G)、Matt Penman(B)、Jeff Ballard(Ds) で、今の…

続きを読むread more

OAM Trio "Flow"

前作(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59895541.html)購入後すぐに、こちらの盤も見つけて購入してきました。 こちらはHMVでは廃盤扱いになっていますが、中古価格は安値安定していました。 まぁ、Mark Turnerと共演してもその程度の話題性ってことなんでしょうね。JA…

続きを読むread more

OAM TRIO & MARK TURNER "LIVE IN SEVILLA"

そもそもが、このメンツでの新譜が出るという情報を教えてもらったことで、このメンツに気が向いているところに、「昨今の隠れ名盤の誉れ高い」という文章とともに、このアルバムの情報をどこかで読んでしまって気になっていたら、ユニオンで再入荷という記事を見つけて、ちょいと高かったのですが思わず買ってしまったアルバムとなります。 メンツは、O…

続きを読むread more

Jason Lindner "1,2,3,ETC"

先日、同じメンツのGiulia Valleがリーダーになっている"Enchanted House"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59504704.html)の紹介をしましたが、これを入手した数週間後に、別のお店で、こちらの盤を見つけて思わず買ってしまいました。 …

続きを読むread more

Manuel Valera "Historia"

この盤は、中古漁りをしていてメンツでひっかかった盤です。 そのメンツは以下の通り。Antonio SanchezとSeamus Blakeが気になったことに他なりません。 Manuel Valera(P)、Ben Street(B)、Antonio Sanchez(Ds)、Seamus Blake(Sax) FSNTから20…

続きを読むread more

Marcus Strickland "Brotherhood"

デビュー作の2年後にリリースされたMarcus Stricklandの2枚目のリーダー作です。 1枚目は4人での演奏でしたが2枚目ではトランペットを加えた5人編成の曲も入ってきています。 そのメンツは以下の通り、1枚目のメンツにJeremy Pelt!!が加わった編成となります。 Jeremy Peltですからねぇ(驚) …

続きを読むread more