"JAZZ(2001~2005)"の記事一覧

Lonnie Plaxico "Melange"

ロニープラキシコの2001年の作品です。 最近のロニープラキシコは侮れないと言うことで、先日買ってきた"Live at The Zinc Bar New York" (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2007/12/01)で、かなりブッ飛んだので、中古店で見つけ…

続きを読むread more

Jean-pierre Como "STORIA"

ジャンピエールコモは、sixun(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2007/08/23)で、キーボードを弾いていた方で、 名前は以前から知っていたのですが、リーダーアルバムを入手したのは、初めてになります。 購入のきっかけは、comoのトリオを聴いてみたかったことと、drum…

続きを読むread more

STEPS AHEAD "Holding Together"

STEPS AHEADと言うと往年のmichael breckerが参加していた頃の記憶しかありませんで.. というか、彼の参加していないSTEPS AHEADなんて眼中にないと言っても過言ではない状況で、存在すら全然知らなかったアルバムであります。 先日のイリアーヌのビルエバンス作品集で、イリアーヌを初めて聴いたのですが、そ…

続きを読むread more

Will Boulware "Night In Tunisia"

先日に続いて、Will Boulwareの車ジャケ盤で、これは2枚目にあたる作品です。 メンツは、Richard Bona(B)、Lonnie Plaxico(B)、Harvey Mason(Ds)で、基本フォーマットは、ピアノトリオとなります。 1曲目だけ2ベースで他は2人で分け合って担当しています。ボナが3曲プラキシコが6…

続きを読むread more

Kurt Rosenwinkel "THE NEXT STEP"

これも適当に買ってきた。。。と言いたいところですが、Kurt RosenwinkelにJeff Ballardが 絡んで、さらにMark Turnerまで加わると、どんな演奏になっているかと言う興味を、中古で この盤を見つけたら、フツフツと沸いてきて... というのが購入動機です。 Kurt Rosenwinkel(G,P)…

続きを読むread more

ivan paduart "TRIO LIVE"

ivan paduartって、名前は良く聴くのですが多分まともに聴くのは初めてだと思います。 なんとなくジャケに惹かれて、あまり深く考えずに、拾ってきました。 当然、中古です。 メンツは以下の通りで、今までにも良くありましたが、知ってる人いません(笑) Ivan Paduart(P)、Stefan Lievestro(B)…

続きを読むread more

Eli Degibri "in the begining"

eli degibriの1枚目です。通称電気ビリビリ盤とでも言うんでしょうか。 次作は、紹介済みです。(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a48330148.html) ゲイ臭いと書いたら、逆にそっちの趣味?と反撃を喰らいました(笑) じゃなくて、次作を紹介したところ、こちらの盤のほ…

続きを読むread more

ALEXANDER SCHIMMEROTH TRIO "Arrival"

「FSNTレーベルは、ドラマーが有名だとハズレは少ない」の検証シリーズ(その3) 先日「Eli Degibri "Emotionally Available"」を書いたときTB先のnaryさんのコメントに 「FSNTは当たり外れが確かに多いのですが、ドラマーが有名な人だと大抵当たると思いますよ(笑)」 (…

続きを読むread more

jacques schwarz-bart with James Hurt "immersion"

「FSNTレーベルは、ドラマーが有名だとハズレは少ない」の検証シリーズ(その2) 先日「Eli Degibri "Emotionally Available"」を書いたときTB先のnaryさんのコメントに 「FSNTは当たり外れが確かに多いのですが、ドラマーが有名な人だと大抵当たると思いますよ(笑)」 (…

続きを読むread more

sangha quartet "Fear of Roaming"

「FSNTレーベルは、ドラマーが有名だとハズレは少ない」の検証シリーズ(その1) 先日「Eli Degibri "Emotionally Available"」を書いたときTB先のnaryさんのコメントに 「FSNTは当たり外れが確かに多いのですが、ドラマーが有名な人だと大抵当たると思いますよ(笑)」 (…

続きを読むread more

D.chambers,J.berlin,D.fiuczynski,T.lavitz "Boston T …

この盤も、店頭では見つけられませんでした。結局、3枚買ううちの1枚をこれにして 入手してしまいました。 メンツに興味を惹かれて、というのが購入動機ですね。やっぱり(笑) Dennis Chambers , David Fiuczynski が入っていて、何を演っているかが、常に興味津々に なった次第あります。 演…

続きを読むread more

Michiel Borstlap "Gramercy Park"

Michiel Borstlapは、1999年発売の"Body Acoustic"というアルバムで、存在を知ったのですが 当時、"Celebrating the Music of Weather Report"というアルバムと相前後して発売された WRトリビュートアルバムということで、話題…

続きを読むread more