"JAZZ以外"の記事一覧

Brian Wilson "No Pier Pressure"

個人的に、ジャズに較べてロックはもの凄く疎いものが多く、本当に限られたところだけ濃厚に楽しんでいるって感じなのでありますが。。  Steely Dan(Donald Fagen)とLed Zeppelinはオリジナル全部はもちろん、ベスト盤とブートまで含めて相当数所有しているはず。  Beatlesもオリジナル全部持ち+ブート少々…

続きを読むread more

Andre Mehmari "As Estacoes Na Cantareira"

ブラジルのピアニスト(と、もうかけなさそう、天才音楽家)のAndre Mehmariの新作がリリースされました。 前作が、フランスの打楽器奏者とのデュオ作  ”Arapora”(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63108703.html)   その前がピアノでのソロライブ  …

続きを読むread more

Andre Mehmari / Francois Morin "Arapora"

ブラジルのピアニストAndre Mehmariが、フランスの打楽器奏者Francois Morinと組んだアルバムです。 当初買う予定はなかったんですが、巷での評判が良さそうなので、抱き合わせもあり急遽発注をしたものです。 Francois Morinという人は知らないので、基本的にはAndre Mehmari目当てでの購入ではあ…

続きを読むread more

Jennifer Souza "Impossivel Breve"

Jennifer Souzaというブラジルの女性ボーカルの人のアルバムです。 これは、昨年12/6にNo Trunksで開催された「ミナス音楽を極める~新世代編~」というイベントで入手してきた盤です。 ということで、最近話題の"ミナス新世代"系のサウンドを、もう少し幅広く聴いておいても良いんじゃないかというのが…

続きを読むread more

Frederico Heliodoro "VERANO"

Frederico Heliodoroというブラジルのベーシストで、Disk UnionのE氏のインターネット上での文章で知った人で、この前のデビューアルバムが妙に気になったのがなりそめ。 が、値段がどうにも高くてなかなか手を出せずにいたのですがようやく聴くことができました。  Frederico Heliodoro &qu…

続きを読むread more

ZAZ "Paris"

ZAZは1枚目を新宿タワーレコードの宣伝に負け?て買ってきたのが馴れ初めで、  "ZAZ"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a60869626.html) その直後にライブ盤  "Sans Tsu Tsou"(http://www.amazo…

続きを読むread more

Frederico Heliodoro "DOIS MUNDOS"

Frederico Heliodoroというブラジルのベーシストで、Disk UnionのE氏のインターネット上での文章で知った人で、このアルバムを紹介していたものでした。 が、値段がどうにも高くてなかなか手を出せずにいたのですが、ようやく聴くことができました。 ブラジル直輸入のアルバムは高値安定で、なかなか強気な価格設定のものが…

続きを読むread more

Affonsinho "Depois De Agora"

アフォンシーニョというブラジルはミナスのSSWの2014年リリース?のアルバムで、これはMadameさんに教えていただいた盤で、Celso Fonsecaが好きなら気に入るでしょうと..。 ということで、先入観も事前情報もなにも無しの状態から聴いています。 メンツは、アフォンシーニョのボーカルとギターに、下記の通りのピアノトリ…

続きを読むread more

Andre Mehmari "TOKYO SOLO"

現代ブラジル最高峰のピアニストと称される(という宣伝文句の)Andre Mehmariの東京でのピアノソロがリリース情報を知り、なにか感じるものがあって、速攻購入してきたものです。 Andre Mehmariのアルバム自体は15枚くらい(http://diskunion.net/latin/ct/list/0/14541)ありそうで…

続きを読むread more

Alexandre Andres "Olhe Bem As Montanhas"

最近のブラジル音楽の面白さってのはAntonio Loureiro "SO"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61798990.html)から始まる一連のアルバムを聴くことでだいぶ享受しているつもりであります。 識者から言わせると、まだまだ面白い盤が眠っていると言…

続きを読むread more