"JAZZ(2006 )"の記事一覧

"Another Place" Bunky Green

1935年生まれのBunky Greenが2006年にリリースしたアルバムで、しばらく教鞭に立つことに専念していたようで、20年ぶりくらいにリリースしたリーダー作。 Steve Colemanがプロデュースをしていることが特筆事項になりますが、Steve ColemanがBunky Greenの大ファンだったようです。 過去にRu…

続きを読むread more

Francesco Cafiso "Jazz Italiano 2006"

Francesco Cafisoのリーダー作はたいがい買ってるつもりで、初期の2枚("Very Early","Concerto For Michel Petrucciani")が入手困難盤と認識していますが、それは入手できてますが、実は最後の牙城が残っていまして、"Jazz Ital…

続きを読むread more

Stefano di Battista "Jazz Italiano Live 2006"

Stefano di Battistaのリーダー作はこれで一通りそろったと思います。 この"Jazz Italiano Live"シリーズは2006年くらいから、約10枚ずつリリースされたもので、イタリアの良いところのライブが目白押しだったんですが、 http://jazzitalianolive.blogspo…

続きを読むread more

Paco Charlin "The Ultimate Jazz Earth-tet"

夏のお盆休みだったか、ネット上でふらふらと新譜情報を漁っていたところ、ユニオン新宿のブログ(http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/12350/)にどどどっと、リリース情報が載っていたのが、FREE CODE JAZZレーベルの諸作が20枚以上。 FREE CODE JAZZレーベ…

続きを読むread more

David Gilmore "Unified Presence"

David Gilmoreのライブアルバムが良さそうだとチェックしてまして、値段がこなれた瞬間を見計らって さらっと購入したら、ことのほか良く。良い演奏だとblog書いてましたら、前に2作あって、そっちの ほうが良いような話をそこここから聴きまして、そうなると俄然聴きたくなるのですが.. ちょうど、良い機会があり聴くことができま…

続きを読むread more

Brad Mehldau "Live In Marciac"

Brad Mehldau の新作は2006年収録のソロピアノでのライブ盤です。2枚組+DVD1枚となります。 前作が、"Highway Rider"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59390974.html)だったので、約1年ぶりの新譜と言うことになると思います…

続きを読むread more

Bob Reynolds "Can't Wait For Perfect"

Bob ReynoldsというSAX奏者のアルバムです。 最近、中古漁りをしていて、FSNTの背表紙を見つけると、取り出してしげしげと眺める習慣がついてしまいました。 ということで、この盤もFSNTからのリリースで、しげしげと眺めて、メンツ買いした次第であります。 そのメンツは以下の通り、Aaron GoldbergにEri…

続きを読むread more

Metta Quintet "Subway Songs"

この盤は、MOONKSの文庫本で存在を知り、メンツで気になったけどまぁ入手は無理だろうと放っておいた盤になります。 先日、中古漁りをしていて見つけちゃったので思わず買い込んできた次第であります。 気になったメンツは以下の通り。Marcus Stricklandが筆頭。Helen Sungが次席。といった感じですね。 Hele…

続きを読むread more