"JAZZ(2006 )"の記事一覧

"Shmutsige Magnaten" Anthony Coleman

この盤は、先日の新譜会のときに、おもしろいから聴いてみなとお借りしたもの。 Anthony Colemanは知らない名前でしたが、ネットで調べると1955年生の前衛的ピアニストと紹介されていました。 発売レーベルがTzadikということと、サブタイトルに"(Coleman Plays Geburtig"と書かれていまして…

続きを読むread more

"Another Place" Bunky Green

1935年生まれのBunky Greenが2006年にリリースしたアルバムで、しばらく教鞭に立つことに専念していたようで、20年ぶりくらいにリリースしたリーダー作。 Steve Colemanがプロデュースをしていることが特筆事項になりますが、Steve ColemanがBunky Greenの大ファンだったようです。 過去にRu…

続きを読むread more

Francesco Cafiso "Jazz Italiano 2006"

Francesco Cafisoのリーダー作はたいがい買ってるつもりで、初期の2枚("Very Early","Concerto For Michel Petrucciani")が入手困難盤と認識していますが、それは入手できてますが、実は最後の牙城が残っていまして、"Jazz Ital…

続きを読むread more

Stefano di Battista "Jazz Italiano Live 2006"

Stefano di Battistaのリーダー作はこれで一通りそろったと思います。 この"Jazz Italiano Live"シリーズは2006年くらいから、約10枚ずつリリースされたもので、イタリアの良いところのライブが目白押しだったんですが、 http://jazzitalianolive.blogspo…

続きを読むread more

Paco Charlin "The Ultimate Jazz Earth-tet"

夏のお盆休みだったか、ネット上でふらふらと新譜情報を漁っていたところ、ユニオン新宿のブログ(http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/12350/)にどどどっと、リリース情報が載っていたのが、FREE CODE JAZZレーベルの諸作が20枚以上。 FREE CODE JAZZレーベ…

続きを読むread more

David Gilmore "Unified Presence"

David Gilmoreのライブアルバムが良さそうだとチェックしてまして、値段がこなれた瞬間を見計らって さらっと購入したら、ことのほか良く。良い演奏だとblog書いてましたら、前に2作あって、そっちの ほうが良いような話をそこここから聴きまして、そうなると俄然聴きたくなるのですが.. ちょうど、良い機会があり聴くことができま…

続きを読むread more

Brad Mehldau "Live In Marciac"

Brad Mehldau の新作は2006年収録のソロピアノでのライブ盤です。2枚組+DVD1枚となります。 前作が、"Highway Rider"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59390974.html)だったので、約1年ぶりの新譜と言うことになると思います…

続きを読むread more

Bob Reynolds "Can't Wait For Perfect"

Bob ReynoldsというSAX奏者のアルバムです。 最近、中古漁りをしていて、FSNTの背表紙を見つけると、取り出してしげしげと眺める習慣がついてしまいました。 ということで、この盤もFSNTからのリリースで、しげしげと眺めて、メンツ買いした次第であります。 そのメンツは以下の通り、Aaron GoldbergにEri…

続きを読むread more