"JAZZ(2006 )"の記事一覧

MSM & W "OUT LOUDER"

3枚まとめて、HMVからの購入にして、先週の前半に届くことを期待していたら、1枚 発売が遅れまして 他の2枚は、発送済みになっているのに、その1枚のために到着が昨日になってしまいました。 ということで、ようやく聴けました MSM & W "OUT LOUDER"(http://www.hmv.co.jp/p…

続きを読むread more

Pat Metheny/Brad Mehldau"Metheny Mehldau"

パットメセニーとブラッドメルドーという、最近のジャズ界では人気絶大の2人の共演作です。 たしか、2000年のメセニーのトリオを演るときに、ラリーグレナディアを起用した頃から、面識があった ような話をどこかで読んだ気がします(嘘かも) Pat Metheny/Brad Mehldau"Metheny Mehldau…

続きを読むread more

Bill Frisell, Ron Carter, Paul Motian

ビルフリゼールも違和感の快感が、麻薬のように体に染みいって、抜けられなくなる人の1人です。 どうも、違和感の快感にやられちゃってる度が高いですねぇ、私は...。 さて、今回の盤は、ロンカーターが入っているのが特筆すべきところですが、いろいろ読むとどうやら フリゼール本人が望んだ共演者ということのようです。 Bill F…

続きを読むread more

Ornette Coleman "Sound Grammer"

のっけから、オーネットコールマンのアルトのサウンドにやられちゃいました。 この人の音もある種の違和感の快感にあたると思うのですが、佐藤さんハンコックさんのは、理論的違和感ですが この人の場合は、感情的違和感というか、天然違和感というか.. いや、公式には、「ハーモロディクス」という理論に裏打ちされた音楽ではあるわけですが.. …

続きを読むread more

Branford Marsalis "BraggTown"

ブランフォードマルサリスの新譜です。 メンツは、強力ないつもの2人(カルデラッツオ+ワッツ)に、ベーシストがエリックレヴィスです。 Branford Marsalis "BraggTown"(http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1271757) しかし…

続きを読むread more

Kenny Garrett "Beyond The Wall"

ケニーギャレットさんは、Miles DavisGにいた頃からちょっと気になる存在で、毎公演あまり変化の大きくない 晩年の公演も、コレを楽しみに(?)bootをいくつか持って楽しんでおりました。 特に、human natureだったかの、MilesとKennyの掛け合いは相当の緊張感とその後の展開が好きで、 楽しんで聴いていました。…

続きを読むread more

Mike Stern "Who Let The Cats Out?"

数多、発売されるジャズアルバムを全部追っかけるのは無理があるので、有名な人でもあえて聴かない。 あるいは、追いかけないと決めつけてしまっている人というのが数多くいまして、例えば近年のTpの人は Roy Hargrove、Wallace roneyなんて人も追いかけてませんし、最近のイタリア系ジャズもキリがないので、 目を背けてます…

続きを読むread more

Chick Corea / Trondheim Jazz Orchestra "Live In Mold…

8/末から10/初にかけて、いろいろ興味深いアルバムが立て続けに発売され、どこまで追い切れるか 戦々恐々という感じもあるのですが、その第1陣を買い込んできました。 まずは、その1枚目です。 === 早々に買ってきました。チックコリアが、ノルウェイのジャズオーケストラと共演したライブ盤です。 2000年の収録で、チックの…

続きを読むread more

christian jacob "contradictions"

クリスチャンヤコブ(ジェイコブ?)さんのピアノトリオ作品です。 "contradictions"(http://diskunion.net/jazz/detail.php?goods_id=JZ060811-02) この盤は、HMV、amazonでは引っかからないのですが、ユニオン店頭ではかなりなプッシュを…

続きを読むread more