"JAZZ(2007 )"の記事一覧

Marcus Miller "Free"

マーカスミラーの新譜です M2が2001年、silver rainが2005年に引き続きの2年振りのリリースと言うことになります。 一応、一通りのアルバムは購入していますが、この人の演奏(アルバム)は大枠からブレません。 悪く言うと、どの盤聴いても大差ない演奏が行われている 人によって、変わって欲しくないミュージシャン、ちょっ…

続きを読むread more

Tal Wilkenfeld "transformation"

Tal Wilkenfeld というベーシストのアルバムです。 オーストラリア人らしいですが、現在は米国に住んでいるようです。 この盤を知ったのは、たしかWayne Krantzで、いろいろネット検索していたときだったと記憶しています。 見つけてすぐ注文を出した訳ではないという程度の躊躇はしたのですが、まぁ大丈夫でしょうと言…

続きを読むread more

Louis Winsberg "DOUCE FRANCE"

ルイ・ウィンスバーグと読むんでしょうか、ギタリストのトリオアルバムです。 この盤は、HMVサイトでチェックはしていた(タイトルが、フランス絡みだとチェックする)のですが、 さてどうしようかと考えていたら、naryさん、アーティチョークさんが、かなり好印象をもたれている 記事を読みまして、こりゃ買っても大丈夫と確信を得まして、購入…

続きを読むread more

Bill Charlap "Live At The Village Vanguard"

久々の?ピアノトリオ作品です。 元来、ピアノの音が好きであること。あまり、大人数のユニットが好きでない(例外のビッグバンドは あるのですが..)ことから、ピアノトリオ作品を聴くことが多かったのですが、ここんところ、あまり ピアノトリオに食指が動くことが無く、ワンホーン、多くても2管のユニットのアルバムを選ぶことが 多くなってい…

続きを読むread more

Giulia Valle Group "danza imprevista"

この盤も、新譜試聴会で、むむむっ と思った盤で、次の月曜日に近所の傍店を探しても見つけられなかった のですが、1日おいて水曜日に見たら、置いてありました。 ちゃんと、チェックして置いてくれたようで、思わず感謝してしまいます。 この盤は、あそこで聴かせてもらわなかったら、出会わなかったと思います。 まずは、メンツですが、2S…

続きを読むread more

Kendrick Scott Oracle "The Source"

先日の、新譜試聴会で気になった盤の購入です。 実は、その前に店頭で一回ジャケットを見て、手に取っているのですが、ジャケから得られる印象とは裏腹に 難解か、あるいはメチャクチャか、はたまた脳なしな曲調を想像して、多分自分の聴きたい感じとは違うと 想像して、こりゃ聴かなくても良いでしょう。と判断して、棚に戻していました。 買う…

続きを読むread more

Adam Rogers"Time & The Infinite"

先日の、John Patitucci盤でちょっと気になった、気に入ったAdam Rogersのリーダー作を(すでに店頭で 見かけていた)中古盤で入手してきました。 ※この辺は、フットワークが軽い(笑) Adam Rogersというと、今は亡き(と書くのがツラい)Michael Breckerにかわいがられたギタリストという…

続きを読むread more

among3

この盤は、久々に隣駅のCD店に、ちょっとお目当てがあって寄ったら、その目当ての品が見つからず輸入盤 のいくつかを半額で投げ売りしていたので、適当に見つくろって買ってきた盤(まぁ、ジャケ買いでしょう) ということになります。 あの店は趣旨替えしてから、どうもおもしろみがなくなってしまって.. この分だと、輸入盤も置かなくなるのも…

続きを読むread more

Wayne Krantz "Your Basic Live '06"

ウェインクランツの新譜が今年の5月にリリースになりました。 これまた、一般販売は行われず、彼のサイトでの直接販売のみとなっています。 タイトルの通り2006年のライブからピックアップされた演奏が収録されていまして、演奏タイトルは以下の通り 1. rock 2. blues 3. reggae 4. Twe…

続きを読むread more

Paul Motian Trio2000 +2 "Live at Village Vanguard, V…

ポールモチアンのアルバムで、つい最近リリースされたものです。 ポールモチアンと言えば、私の中では、EBBBが白眉で、アルバムが出ると、一応チェックをしている といった存在です。 ただ、最近のアルバムは、難易度がかなり高くて、それなりに楽しめるのですが、とらえどころを掴み きってはいない感じでして、普通に出たから買うようなことは…

続きを読むread more

Jean Michel Pilc "New Dreams "

Jean Michel Pilcの新譜で、本年GW明け頃に出ていたものです。 一般的には、やっぱりちょっと難解な部類に入るのか、お値段も高めですし、普通に店頭に並んでいるような感じでもなく、通販で購入を・・するべきか..、でも値段高いし.. と悩んでいたのですが、これまでの音楽性が、結構好きなのと、あまり悠長に構えていると、買えなく…

続きを読むread more