"JAZZ(2008 )"の記事一覧

E.S.T. "LEUCOCYTE"

エスビョンスベンソンが、ダイビング中の事故で亡くなってしまいましたが、その亡くなる約半年前に録音されていたものが遺作としてリリースされました。  録音  :2007/01/17,18(sydney)  Mix   :2008/03  Masterd :2008/05  享年  :2008/06/14 そのまま生きてい…

続きを読むread more

Sergio Gruz "Carrousel"

この盤は、HMVの宣伝文句「ヨーロピアン・ピアノ・トリオ極上の響きを堪能」に釣られて買いました。 自主制作盤で、フランス産なので、フランス人のピアニストなんでしょう。 ・・と思ったら、アルゼンチン人なんですね そのメンツは、 Sergio Gruz(P)、Jan Sebastien Jimenez(B)、Antoine…

続きを読むread more

S.M.V "Thunder"

Stanley ClarkeとMarcus MillerにVictor Wootenと、有名なベーシストの名前が3人も連なって、さらにタイトルが"雷"ですからねぇ ちょっと、不安はあったのですが、買わざるを得ないでしょう.. メンツは、上記3人にChick Corea、George Dukeがスペシャルゲス…

続きを読むread more

Jeremy Pelt "November"

Jeremy Peltの新作です。 前作"Live At Smoke"(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2007/10/09)が強烈に良かったので、それを期待しての購入です。 とはいえ、あそこまでの凄さはそうそう出ないと確信もしていたので、そうとう躊躇してから…

続きを読むread more

Al Foster Quartet "LOVE, PEACE AND JAZZ"

Al Fosterのリーダー作って、過去に記憶がないのですが、これが初リーダー作になるんでしょうか? タイトルが、「愛、平和、ジャズ」ですからねぇ。大きくでたもんです(笑) まずは、肝心のメンツでありますが、以下の通りです。 Al Foster(Ds)、Kevin Hays(P)、Douglas Weiss(B)、Eli D…

続きを読むread more

Bill Frisell "HISTORY, MYSTERY"

ビルフリゼールの新譜は2枚組です。 メンツが以下の通りで、管が入っています。管が入っているとフリゼールの世界に実体感が出てきて、それがどう響くのかが争点になります。(2006/6/7に管に否定的なこと書いていますねぇ..) そのメンツですが、管2名、弦3名(ベース入れると4人だけど、ベースは入れないでしょう)の8人体制と、フリ…

続きを読むread more

Daniele Scannapieco "LIFETIME"

この盤はHMVのWEBで宣伝をやっていたのですが、このジャケなのでよく目立っていたわけであります。 で詳細を何気なく見たら、メンツがよさそうなのでそのまま購入しちゃった盤です。 ということで、Daniele Scannapiecoという名前は初めて聞く名前だったのですが、これが3枚目のアルバムで、他に"High Fi…

続きを読むread more

James Taylor Quartet "Live At The Jazz Cafe"

JTQの新譜です。 JTQ、昔(acid jazzの頃)は良く聴いていたのですが、いつのまにやら新譜情報をチェックしなくなってそのまま放置状態になっていました。 先日、この盤が出る情報を見つけまして、"へぇ、まだ活動してるんだ"と驚いたのでありました(笑) ライブ盤で国内盤まで出るとのこと。 このカルテ…

続きを読むread more

SCORCH TRIO "BROLT!"

北欧の人達で構成されるギタートリオです。 新譜試聴会のときに、私を挟んだ両側で、この盤の話題が飛び交って(買った?まだ・・)まして、買うなら2枚組の国内盤だとの情報を得まして、彼ら(両側の人達)が期待して待っている盤なら、買おうじゃないかと、秘やかに決意して(笑)、後日早々に買い込んで来たのでありました。 ということで、先入観なし…

続きを読むread more

Jef Neve Trio "soul in a picture"

Jef Neveの新譜です。 Jef Neveと言うと前作(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2007/03/07)がベルギーで一番売れた ジャズアルバムだったということで有名になっていた方ですが、本作はいかほど売れているのでしょうか? この盤が出た頃、欲しい盤がたくさんあったの…

続きを読むread more