"JAZZ(2009 )"の記事一覧

Norah Jones "THE FALL"

ノラジョーンズの新譜です。4枚目のリーダー作になるとのことです。 ノラジョーンズを買うのはデビュー盤以来となります。途中、何度か気にはしていたのですが手が出ていません。 何枚かは試聴もしているはずですが、ジャズな音楽からかけ離れた内容を聞かされてしまうと手が出ないですねぇ。 が、昨年初夏のRebecca Martin、Jenny…

続きを読むread more

Fredrik Lindborg "The One"

この盤は、なんとなく買いです。 メンツで知ってる人がいるわけではないので、メンツ買いではありません。 ジャケが取り立てて素晴らしいというわけでもないので、ジャケ買いとは言えません。 ギター入りのワンホーンという編成は、ちょっと惹かれるものがありますが、だからといって、この盤を選ぶ決定打とはならないと思います。 なので、&quo…

続きを読むread more

Stanley Clarke "Jazz In The Garden"

上原ひろみさんが、Stanley Clarkeとのピアノトリオを作ったというのは、当時結構話題になりました。 chick coreaとのデュオ作が出た後、RTF再結成という流れの中で、上原ひろみとStanley Clarkeの繋がりができたということなんでしょう。 正直、あまり意気投合してアルバム作りに進んだという感じがしてません…

続きを読むread more

Kurt Rosenwinkel "Reflections"

現在のギタリストで注目筋筆頭と言っても過言ではないKurt Rosenwinkelの新作がリリースされました。 発売日がブレたり、国内盤と日本盤で収録曲?曲順が違う?ような怪情報が飛び交ったりしましたが、結局は、同じ曲順、曲数と言うことで落ち着いているようです。 メンツは、以下の通りの3人となります。 Kurt Rosenw…

続きを読むread more

Keith Jarrett "Paris / London Testament"

Keith Jarrettのソロ作品は3枚組の大作です。 たしかKeith Jarrettってソロは封印するような発言をずいぶん前にしていたような記憶がうっすらあるのですが.. まぁ、封印解除するのも自由なので気にしないことにしましょう(笑) ソロとしては、2006年の"Carnegie Hall Concert&qu…

続きを読むread more

Robert Glasper "Double Booked"

この盤は、前回の新譜試聴会でかかっていたのですが、特にピンときた感じでもなかったのでとはいえ、巷で話題になっていることは知っていたので気にはなっていました。 ある日、中古で見つけたら思わず買ってきてしまいました。 個人的には、初Robert Glasperのはずです。以前の盤もジャケは記憶にあるので気にはしていたようですが購入には…

続きを読むread more

Robby Ameen "Days In The Life"

この盤は、wayne krantz買い。ただし、HMVの抱き合わせの数合わせの感が無きにしもあらずなところがちょっとだけ微妙です。 でも、取捨選択時に落とせなかったのだから、私の中でwayne krantz依存度は相変わらずかなり高いと思います。 他のメンツについては、主役のRobby Ameen含め、あまりこの盤のこの演奏と印象…

続きを読むread more

Emilio Merone/Luca Nostro sys2 Quartet "Element"

この盤はリズム隊買いですよね。 このメンツ見たらまずは食指が動きます。フロントの2名がわからん人なので、どんな演奏が入ってるかちょいと不安に思うのはしかたないですが、この2人を招聘できるんだからまぁ大丈夫でしょう。と考えるのは不思議でも何でもありません。 さて、メンツですがピアノ、ギターをフロントに据えたカルテットとなります。…

続きを読むread more

Jean Paul Brodbeck "Hang On Hippie "

リーダーを含めて他のメンツは全然知らない(はずな)ので、純粋にWolfgang Muthspiel買いということになります。 Wolfgang Muthspielの露出が多そうな宣伝文句につられたと言っても過言ではありません。 ということでメンツは以下の通り。ベーシストはWolfgang Muthspielの親類なんでしょうか…

続きを読むread more

Seamus Blake "Bellwether"

Seamus Blakeもノリに乗ってる感じなんですかねぇ。昨年、私のベスト3に堂々入賞した"Live In Italy"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a56127199.html)の興奮も冷めやらぬうちに新作の登場です。 おおむね、年1作のペースを保っている感…

続きを読むread more