"JAZZ(2009 )"の記事一覧

Agustin Barreto "Between My Walls"

HMVの宣伝文句に釣られて、なんとなく買った盤です。 超絶技巧ベーシストのFUSIONアルバムであるというのは承知しての購入です。あ~、宣伝文句のジャコという字に過剰反応した感じですかねぇ.. プエルトリコ出身のベーシストがリーダーで彼のデビュー盤となります。 メンツは、おおよそ以下の通り。ピアノトリオにゲスト参加と言う感じ…

続きを読むread more

marcus strickland "Idiosyncrasies"

Marcus Stricklandが、criss crossレーベルでのリーダー作に続いて、自己レーベルにて新譜をリリースしています。 ただし、こちらは国内(WEB通販)で普通には流通していなくて、ユニオンが仕入れてくれたのを、速攻確保に行って手に入れました。 メンツは、SAX Trioです。 Marcus Strickla…

続きを読むread more

Francesco Cafiso "Angelica"

Francesco Cafisoの新譜です。 Francesco Cafisoは、当初naryさんの絶賛から聴き出し初め、過去に3枚のアルバムの紹介をしています。 彼の場合、本国制作盤と日本制作盤とが平行してリリースされる状況が続いております。  "Concerto For Michel Petrucciani&quo…

続きを読むread more

Chris Potter "Ultrahang"

Chris Potterのundergroundバンドの新作がリリースされました。かなり待望の!!と言う感じでの登場であります。 初作(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a28045913.html)で衝撃を受けて以来出れば絶対買うという意欲の元、前作(http://jazz-to-au…

続きを読むread more

Sam Yahel "Hometown"

Sam Yahelの新譜です。 ここのところCD買い過ぎだぁ!!と嘆いている頃のリリースだったので、当初新譜購入はしないで放置していたのですが、そう時間が経たないうちに中古で見つけてしまって、思わず買い込んでしまいました。 メンツは以下の通り、Jochen Ruckertという人はおそらく初めてだと思います。 Sam Yah…

続きを読むread more

Charles Tolliver "Live At The Blue Note"

この盤は、6/20に開催された新譜試聴会でひっかかった盤です。 個人的にはMaria Schneiderで開眼した最近のbig band事情なのですが、近年では「経済面で運営が難儀だ」なんて噂を良く耳にしていた割には、百花繚乱的にいろいろなbig bandが活動していて実は結構驚いています。 このバンドも、ピアニスト2人で総勢…

続きを読むread more

Liam Noble Trio "BRUBECK"

この盤は、2月にあったMegでの新譜試聴会で気になった盤の1枚です。 さすがに入手性が良好という感じではなく(さらに、発注先選定をミスったというのも重なって)かなり時間が経ってからの入手となりました。 BASHO recordsというところが発売元なのですが、このときに紹介された盤はこのBASHO recordsの盤が多かっ…

続きを読むread more

Jack Dejohnette "Music We Are"

Jack Dejohnetteの久々のリーダー作は、(keith jarrett以外との)久々のピアノトリオということで良いと思います。 メンツは以下の通りのピアノトリオ構成となっています。 Jack Dejohnette(Ds)、John Patitucci(B)、Danilo Perez(P) 実は、数曲でJack De…

続きを読むread more

marcus strickland "of song"

criss cross怒濤の同時発売一気買い4枚の最後は、marcus strickland盤となります。 Marcus Stricklandは、最近逸材が多いSAX奏者のなかで注目株の一人として、より注目度の高い逸材と言えると思います。 おそらく、"Brotherhood"、"At Last&q…

続きを読むread more