"JAZZ(2010 )"の記事一覧

"Capsule" Brian & The Landrus Kaleidoscope

Brian Landrusという中堅のサックス奏者になると思うんですが、HPを見ると Dr.という冠がくっついていてちと驚く。 自blogをあさったところ、Christopher ZuarのBigBand作がひっかかりました。 Big Bandの一員としてクレジットされていまして、こういうことがあるから面倒でもメンツは全…

続きを読むread more

Nando Michelin "Reencontro"

Nando Michelinのリーダー作は、Esperanza Spaldingが入っていることで、 2010年の本作のまえに、2009年のアルバムを知ってますが聴いてません。  "Duende" (https://www.amazon.co.jp/dp/B000K97RHK/) あと、2011年の前作は、あ…

続きを読むread more

Canjazz "Canjazz Reunion"

夏のお盆休みだったか、ネット上でふらふらと新譜情報を漁っていたところ、ユニオン新宿のブログ(http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/12350/)にどどどっと、リリース情報が載っていたのが、FREE CODE JAZZレーベルの諸作が20枚以上。 FREE CODE JAZZレー…

続きを読むread more

Dan Tepfer "Five Pedals Deep"

Dan Tepferは、Lee Konitzとのデュオ作を借りて聴いてまして、その演奏が良い感じだったんですが、暫くしてDan Tepferのピアノトリオ作を聴く機会までいただいてしまいました。 そのデュオ作は  "Duos with Lee"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/a…

続きを読むread more

Chocolate Genius Inc "Swansongs"

songXジャズレーベルの2枚目にリリースされたアルバムです。1枚目はKurt Rosenwinkelの"Our Secret World"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59878330.html)だったんですが2枚目にしてすでにジャズからちょっとはずれたアルバ…

続きを読むread more

Libor Smoldas "In New York On Time"

この盤は、HMVのアウトレットが開いているときにざっと眺めていて、メンツが良いので買ってみたという盤になります。 2010年リリースで、リーダーはチェコの人だそうです。 というメンツは以下の通り。、Sam Yahel、George Mraz、Jeff Ballardですから豪華です。 Libor Smoldas(G)、Sam…

続きを読むread more

Sarah Manning "Dandelion Clock"

Sarah Manningという女性サックスプレイヤーです。販売サイトでなにげなくLinda Ohで検索をかけたら、ひっかかり試聴してみたらなかなか良い演奏のようだったので購入してみました。 ちなみに、中古で購入。 Linda Ohは、下記リーダー作がなかなかよくて印象に残っている女性ベーシストです。  "ENTR…

続きを読むread more

Antonio Figura "Strong Place"

Antonio Figuraというピアニストは全然知りませんでした。どうやらイタリア人のようです。 もうそろそろそんなこと言ってらんない状態ですが、イタリアものはあまりのめり込まないようにしています。 とはいえ、アレとかコレとかソレとかいろいろ買い漁ってますけどね.. ということで、これはひょんなタイミングで全曲をしっかり聴いた…

続きを読むread more

Giovanni Mirabassi "Live At Bluenote Tokyo"

Giovanni Mirabassiは往時の澤野、sketch盤ではいくつか買っていましたが、澤野盤を買わなくなった頃(=sketchを吸収した頃)と時を同じくして私の眼中から消えてしまっていました。 今回、皆さんの2010年ベストを見ていると、そのGiovanni Mirabassiの名前が何人かの方のリストに見られたので買いでし…

続きを読むread more

Giulia Valle Group "Berenice"

2007年の"Danza Imprevista"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a48191275.html)の次の新作ということで気にはなっていたのですが、販売価格がこなれず、もうちょっと安価なモノが見つかるか、中古で出るまで待とうと思っていたらなかなか見つからず…

続きを読むread more

Charles Lloyd "Mirror"

ここのところ、落ち穂拾い率が高いです。皆さんの年間ベストから、こぼしちゃぼったいないものを拾っているのでご容赦ください。 新譜も着実に買ってはいるんですけどね.. この盤は、3回目の新譜試聴会(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59882641.html)で聴いているにも関わらず…

続きを読むread more

Michel Portal "Bailador"

Michel Portalの2010年の新譜です。年明けは、皆さんの前年のベストを眺めていて、気になった盤を落ち穂拾い的に買っているのですが、この盤もその流れに則っての購入となります。 Michel Portalというと、フリー臭を感じてしまって、いまいち積極的に買おうという気分にとはいえ、メンツ的に、Ambrose Akinmus…

続きを読むread more

Myron Walden "Countryfied"

Myron Waldenの2010年9月リリースのアルバムです。 amazonだったか、HMVだったかをいろいろ漁っているときに目に付いたアルバムで、oz noyの参加が気になった盤です。 Myron Walden自体は、"Higher Ground"(http://jazz-to-audio.seesaa.n…

続きを読むread more

Dave Douglas / Keystone "Spark Of Being"

Dave Douglas / Keystone名義での作品となります。 このKeystoneというプロジェクトはサイレント・ムービーにインスパイアされた録音を行っているとのことで、本作が4作目にあたるようです。前作までの3つは"keystone" "Live in Sweden" "…

続きを読むread more

Thomas Savy "French Suite"

Thomas Savy盤は、リリース当初聴いてみたいなぁとは思っていたのですが、諸々あって結局入手に至らなかった盤でした。 が、年末になって多くのblog仲間の人達が本年のbestに掲げて気になっていたら、ちょうど中古を見つけたのでそのままお持ち帰りしてきました。 リーダーのバスクラの音色の期待感はもとより、他のメンツが強力で…

続きを読むread more

Sting "Live In Berlin"

私の、数少ないロック系ミュージシャンで全部買いをしているStingの新作がリリースされました。 たしか、つい先日、日本公演もあったんですよね?? 本盤は、イギリスのRoyal PhilHarmonic concert Orchestraを引き連れたベルリンでのライブ録音で、ゲストにBranford Marsalisが入っていま…

続きを読むread more

Dario Carnovale "Exit For Three"

Dario Carnovaleはイタリアの若手ピアニストのようです。 この盤は\1000での発売と戦略的価格を打ってきたのをすかさずさらってきた(嘘)次第であります。 2008年4月末の録音なのでちょっと間をおいてのリリースになりますが、イタリアでは発売されていて日本での紹介がこの時期になったってことなんでしょうかね。…

続きを読むread more