"JAZZ(2010 )"の記事一覧

Ari Hoenig "Live at Smalls"

Live at Smallsの3回目のリリースです。 今回は下記の5枚です。入手した時点で、国内発売の情報は皆無。 これまでの11枚の売上げ状況はどうだったんでしょうね? とても興味津々です。  SPIKE WILNER SOLO PIANO "Live at Smalls"  ARI HOENIG AND…

続きを読むread more

Francesco Cafiso "4 Out"

Francesco Cafisoのイタリアリリースの4枚目のアルバム(のはず)になります。 アルバムの具体名は以下の通り。  "Concerto For Michel Petrucciani"持ってない  "Happy Time"(http://jazz-to-audio.seesaa.n…

続きを読むread more

Gary Husband "Dirty And Beautiful"

Gary Husbandと言う人の認識って元々なかったのですが、前作の"Hotwired"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a57220255.html)を聴いたときにえらく格好良い演奏で、一気に注目度が上がってしまった次第であります。 というわけで、本作のリリース…

続きを読むread more

Ben Wolfe Quintet "Live at Smalls"

Live at Smallsの3回目のリリースです。 今回は下記の5枚です。入手した時点で、国内発売の情報は皆無。 これまでの11枚の売上げ状況はどうだったんでしょうね? とても興味津々です。  SPIKE WILNER SOLO PIANO "Live at Smalls"  ARI HOENIG AND…

続きを読むread more

Metropole Orkest / Vince Mendoza "Fast City / A Trib…

Joe Zawinulが亡くなって早(もうすぐ)3年。彼のリーダー作(特に最晩年)の圧倒的なパワーにはいつもヤられていた感じであったので、Joe Zawinulという名前をCDタイトルに見るとその作品を聴いてみたくなってしまうのであります。 本作は、メトロポールオーケストラによる生楽器主体の演奏になるので、Joe Zawinulの電…

続きを読むread more

Mikkel Ploug "Fernweh"

Mikkel Plougのアルバムです。 Mikkel Plougの名前はMark Turnerと共演している盤"Mikkel Ploug Group"(http://www.amazon.co.jp/dp/B000H6SUOU/)で気になってはいたが結局聴かずじまい。 この盤も、リリース時に見ていたはずだがそ…

続きを読むread more

Ranjit Barot "Bada Boom"

この盤は、Wayne Krantz買いの要素が高いと思います。他にJohn Mclaughlinの参加。リーダー本人の興味とかいろいろありますが、絶対買いだー と思わせるものがありませんで、しばらく買おうか止めようか迷っていたのも事実ではあります。 で、一番の決め手は冒頭記載事項だと思っています。ってWayne Krantzの参加は…

続きを読むread more

Walter Smith III "III"

ここのところ、注目度急上昇中のWalter Smith IIIのリーダー作がcriss crossレーベルから登場です。 最近の紹介では、以下のような感じで  "Live in Paris"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59813613.html)  Er…

続きを読むread more

Spike Wilner "Live at Smalls"

Live at Smallsの3回目のリリースです。 今回は下記の5枚です。入手した時点で、国内発売の情報は皆無。 これまでの11枚の売上げ状況はどうだったんでしょうね? とても興味津々です。  SPIKE WILNER SOLO PIANO "Live at Smalls"  ARI HOENIG AND…

続きを読むread more

Will Vinson "Stockholm Syndrome"

criss crossレーベルの9月の新譜は11月に手許に来ました。 この盤は、リーダーでないメンツ買いです。Lage Lund、Aaron Parks、Kendrick Scottとくれば新譜チェックしている面々にとっては、ちょっと食指が..てなもんであります。 が、よく調べてみるとAri Hoenigのアルバムでは彼がしっかり…

続きを読むread more