"JAZZ(2010 )"の記事一覧

Jason Moran "ten"

Jason Moranという名前はかなり以前から知っていましたが、アルバムを買おうと思ったことがなく、中古で見かけてもなぜかあまり食指を動かされず、今まで1枚も買ったことがない人でありました。(ちょっと聴きはあったと思うが) 先日の新譜試聴会(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a5962…

続きを読むread more

TaucherWendtThier-Trio "TaucherWendtThier-Trio"

この盤は、nary氏(http://blog.goo.ne.jp/narymusic/e/822017835baf01f67cac4c3249be2db6)大絶賛に、気になっていたのを抱き合わせネタとして組み込んで購入しました。 発売から、相応時期経過しているので、中古探しという手もあったのですが、価格が安かったのもあって、抱き合わ…

続きを読むread more

Lionel Loueke "Mwaliko"

この盤は、なんとなく買いですね(笑) Esperanza SpaldingとRichard Bonaの参加が気になったのと、リリース当時このジャケはなんとなく気になっていた記憶があった(そのときは結局買ってない)のは覚えています。 メンツは以下の通り。Lionel Louekeのギター+他の楽器1つか2つで、基本vocalが入…

続きを読むread more

Stanley Clarke "Stanley Clarke Band"

Stanley Clarkeが上原ひろみを擁したバンドでの2枚目のアルバムということで、前作(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a58890764.html)がなんだかなぁ感が強かったのでリベンジの意味も込めて、速攻購入(前作はかなり遅れて入手)しました。 メンツをよく見ると、上原さ…

続きを読むread more

Baptiste Trotignon "Suite"

Baptiste Trotignonの新譜は、2管を従えたクインテット編成となります。 ここのところBaptiste Trotignonは満足度高く聴いているので、本作も非常に期待感が高いものがあります。 メンツは以下の通り。1-9曲目がロンドンでののライブ。最後の曲がパリでのライブで、2009年7月の同じツアーでのライブ収録…

続きを読むread more

Alex Sipiagin "Generations"

Criss Crossレーベルの5月の新譜は4枚だったのですが、今回は特に気になる1枚だけの購入にしました。 財布軽すぎ。 メンツ買いではありますが、Alex SipiaginというよりAdam Rogers、Antonio Sanchezの両名買いって感じです。 そのメンツは以下の通り、Tp+Gのカルテットとなります。ピアノレ…

続きを読むread more

Odean Pope "Odean's List"

この盤は、2010年4月開催の新譜試聴会(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59307704.html)で気になった盤です。 リーダーのOdean Popeと言う人は知りませんが、メンツ(下記参照)みていただくと、気になる名前がちらほらと見えると思います。この辺が購入の後押しになってい…

続きを読むread more

John Scofield "54"

John Scofieldという人もいろいろなことに挑戦するというか首を突っ込むというか。。 前作は、約1年前の"Piety Street"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a57290622.html)で、アメリカンルーツミュージックの世界を描いて見せました。 …

続きを読むread more

Keith Jarrett / Charlie Haden "Jasmine"

抱き合わせの関係で、リリースから遅れに遅れて到着しました。 この辺のメジャー盤は入荷が遅れても途中で途切れて、入荷が滞ることはありませんので、安心して待っていられます。 内容的にもおおざっぱには想像できそうなので、すぐ聴きたい今聴きたいなんとしても聴きたいと言うような事態にもならないですし。。 ということで、Charlie …

続きを読むread more

Jim Rotondi "Live at Smalls"

"live at smalls"シリーズの第2弾がリリースされています。個人的にはフライング入手(?)しましたが、紹介がこの時期になるなら、あまり早く入手した意味がないとも言えるかも知れませんが、まぁ良いんじゃないでしょうか(笑) この盤は、Jim Rotondiがリーダーの2管編成となります。 Jim R…

続きを読むread more

Orrin Evans "Faith In Action"

この盤は、4/4の新譜試聴会で気になった盤となります。no trunksマスターのM氏が強烈に推していたのが印象的でした。 Orrin Evansという人はきっとどこかで聴いてると思いますが、過去、名前を記憶していたということはありません。 メンツは以下の通り。Luques Curtisは聞いたことない名前。Nasheet W…

続きを読むread more

Ethan Iverson "Live at Smalls"

"live at smalls"シリーズの第2弾がリリースされています。個人的にはフライング入手(?)しましたが、紹介がこの時期になるなら、あまり早く入手した意味がないとも言えるかも知れませんが、まぁ良いんじゃないでしょうか(笑) この盤はEthan Iverson(一時期話題をさらった"Bad P…

続きを読むread more