"JAZZ(2011 )"の記事一覧

Gilad Hekselman "Hearts Wide Open"

この盤は、本年10月開催の異種格闘試聴会で気になった盤となります。 リーダーはイスラエル人ギタリストとなるのですが、昨今のイスラエル人の活躍は目を見張るものがあるので、もしかしたらそういう流れで見出されたひとなのかもしれません。 この盤が3枚目のリーダー作になりますが、以前はまったくのノーチェックでした。 Gilad Hekse…

続きを読むread more

Sylvain Luc "Organic"

Sylvain Lucも、古くから聴いているギタリストで、たしか最初は"Sud"(http://www.hmv.co.jp/product/detail/772597)から聴き始めたんだったと思います。 その後も全部買いはしてないけど、たいがいのアルバムは買っていそうです。 自blogでは2枚が紹介されていまし…

続きを読むread more

Francesco Cafiso "Moody'n"

Francesco Cafisoの新作です。 これが、リリースの情報は早くに知っていたのですが、おそらく欧州でしかリリースされていないからだと思いますが、入荷が遅い上に、値段もかなり高く..。 発注して待っているうちに違う盤が気になって一旦キャンセル。キャンセルすると入荷済みになって..(苦笑) しばらくして、(値段が高いから)…

続きを読むread more

Rez Abbasi "Suno Suno"

純粋に参加メンバー買いです。 Rudresh Mahanthappaは言わずもがな(というか、基本的には、彼で買っています)。 Vijay Iyerも最近のリーダー作は買ってないですが、リリース頻度はかなり高いので脂はのっているんだと思っています。 Dan Weissも、コンスタントに参加作を増やしている印象あります。 Jo…

続きを読むread more

Becca Stevens "Weightless"

この盤は、異種格闘新譜試聴会(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a60909972.html)で気になって買ってきた盤となります。 約2年前の「ジャズバーで米国ルーツ寄り音楽を聴く夕べ」でもそうでしたが、元来こっち系の音楽が好きな人が多いってことなんでしょう。このときも今回のこれ以外にも…

続きを読むread more

Keith Jarrett "Rio"

Keith Jarrettのソロ作としては2年前の"Paris / London Testament"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a58853992.html)以来と言うことになります。 が、この2年間にstandardsのアルバムは出ておらずCharlie …

続きを読むread more

Rudresh Mahanthappa "Samdhi"

最近、Rudresh Mahanthappaづいている部分があるのですが、それを補ってあまりあるリリースラッシュでもあります。 このblogで紹介しているのだけで下記4作。この盤のすぐあとに参加作1枚が控えています。  Mauger "Beautiful Enabler"(http://jazz-to-audi…

続きを読むread more

David Budway "New Kiss"

この盤は純粋にリーダー以外のメンツ買いです。かなり強力な布陣を揃えてきたアルバムです。 当初のWEBショップ等での紹介では、2管のクインテットのようなかんじがしていたのですが、実体はピアノトリオ+ゲストちょろちょろということになっています。 そのゲストも半端ないですけど.. というメンツは以下の通り。 David Budway…

続きを読むread more