"JAZZ(2011 )"の記事一覧

Dual Identity "Dual Identity"

Rudresh Mahanthappa界隈がなんだかにわかに状況が盛り上がってきているようで、それに素直に乗っかって、新旧織り交ぜて一気に3枚発注したので、Rudresh Mahanthappaを集中して聴いてみようシリーズをやってます。 ということで、シリーズでお送りするのは下記3作品となります。  "Beauti…

続きを読むread more

Orrin Evans "Freedom"

この盤は、6/25の最後の新譜試聴会でかかって気に入った盤となります。 Orrin Evansは"Faith In Action"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59568708.html)でリーダー作を聴いています。 メンツは以下の通り。ドラマーを2人起用し…

続きを読むread more

John Escreet "The Age We Live In"

John Escreetというピアニストのリーダー作となります。このリリースの直後に、criss crossでもアルバムリリースが決まっているので、最近の注目株ということになるのでしょう。 2008年に初リーダー作をリリースした後、2010年の"Don't Fight The Inevitable"は、…

続きを読むread more

New Universe Music Festival 2010 "Abstract Logix Liv…

ちょっと長めの夏休みで失礼しました。今日から今までと同じペースで文章アップできる予定です。 Abstract Logixレーベルのミュージシャンによるコンサートの実況コンピレーションアルバムと言うことだと思います。 Abstract Logixレーベルって、そう古くは無いと思うのですが、ここのところ一気にいろいろ面白そうなアル…

続きを読むread more

David Binney "Barefooted Town"

最近のcriss crossのリリース形態ってのが良く判らなくて、告知されるリリース時期と入荷する時期との間に差がありすぎて、情報は結構早くに入ってくるのですぐメンツ見て予約はできるのですが、それから確実に数ヶ月待つことになり、さらにリリース予定時期を過ぎてさらに待つことになります。 さらに、この盤は他の3枚から2~3週間くらい遅れ…

続きを読むread more

Pat Metheny "What's It All About"

Pat Methenyの新譜は、カバー集ということで情報が世の中に出た直後の評判はあまり芳しいものではないのが多かったような印象を受けていました。 なんで、この時期にカバー集なのか?しかも、選んでいる曲が アレにソレにコレっていうのは?? みたいな(笑) 冷静に考えればJAZZなんてスタンダードを演奏することが基本として発展した…

続きを読むread more

Michel Camilo "Mano A Mano"

Michel Camiloの新譜は、"Caribe"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a60026272.html)以来ですので半年強ぶりって感じのようです。"Caribe"の録音はだいぶ前だったようですが、それにしてもリリースペースとしてはだいぶ…

続きを読むread more

Gary Burton "Common Ground"

Gary BurtonのNew Quartet名義でのアルバムです。 Gary Burtonも、そう昔から新譜が出たら買いをしていた記憶がないのですが、ここ最近は出たら買い状態が続いているようです。  "New Crystal Silence"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/a…

続きを読むread more

Danny Grissett "Stride"

criss crossレーベルの5月の新譜です。今回は4枚リリースされた全てを購入しています。一応、メンツとかいろいろ見て、どれを買ってどれを買わないか選別をするようにしているのですが、今回のリリースはどれも興味深く、落とせる作品がありませんでした。 で、本作のDanny Grissettですが、これが4枚目になるようです。 …

続きを読むread more

Branford Marsalis / Joey Calderazzo "Songs Of Mirth …

Branford MarsalisとJoey Calderazzoのデュオ作品です。 この2人は、長らくBranford Marsalisのバンドのリーダーとピアニストということで、一緒に演ってきた仲となるので、相性は抜群と思います。 Joey Calderazzoはいぶし銀的実力者なんですが、なぜかリーダー作はあまり人気が出てお…

続きを読むread more

Alex Sipiagin "Destinations Unknown"

criss crossレーベルの5月の新譜です。今回は4枚リリースされた全てを購入しています。一応、メンツとかいろいろ見て、どれを買ってどれを買わないか選別をするようにしているのですが、今回のリリースはどれも興味深く、落とせる作品がありませんでした。 で、財布が軽くなっていくと..orz 本作は、メンツ買い以外のなにものでもありま…

続きを読むread more