"JAZZ(2012 )"の記事一覧

Paolo Di Sabatino "Paolo Di Savatino"

Paolo Di Sabatinoというと澤野工房から出ているいくつかのピアノトリオ作で有名な名前だと思いますが、個人的には2008年リリースのアルバムで聴いているのと、その前に澤野から出る前のリリースで、通算2枚聴いている人ってことになります。 この盤は、管奏者にちょと気になる名前があったので、ちょっと悩んで買い込んできた盤です。…

続きを読むread more

Terje Gewelt "Spindrift"

Terje Geweltの2012年のアルバムです。Terje GeweltはChristian JacobとのDUO作で一気にハマって、その後Dag Arnesenのトリオ作等たいがい買ってるつもりでしたが..最近てんで未チェックだったようです。 2010年の"Azure"も、2012年の本作も買い逃してまし…

続きを読むread more

David Gilmore "Numerology: Live At Jazz Standard&quo…

David Gilmoreのこのアルバムはリリース時から気になっていたのですが、値段高めでなかなか買う踏ん切りがつかず、ようやく多少値がこなれてきた(ほぼ\2,000-)ところで、発注しています。 ほとんど、メンツ買い。このメンツでライブは、良い演奏が聴けそうとかなり期待感高いです。 かくいうメンツは以下の通り。 D…

続きを読むread more

Nsu Jazz Ensemble "On Cue-the Music Of Seamus Blake&…

この盤は、webの新譜を漁っていて見つけたもので、2012年10月のリリースだったようですが、流通量が少ないのかすでに入手困難になっています。 Seamus Blakeという名前にひっかかったわけでありますが、Nsu Jazz Ensemble というのはノースイースタン州立大学のジャズバンドで、そこに彼(Seamus Blak…

続きを読むread more

Iris Ornig "No Restrictions"

この盤は純粋にKurt Rosenwinkel買い。だけではなく、Helen Sungが入っていることも購入動機の1つになっています。 Iris Ornigという人は初なんですがドイツ人の女性のようです。昨今、女性ベーシストもいろいろな方が表舞台に出てきています。凄いことだと思います。 メンツは、上記2名に加えMarcus Gil…

続きを読むread more

Giulia Valle Group "Live"

2011年にリリースされた"Berenice"のライブバージョンということになりまして、2012年6月にバルセロナのジャズクラブでのライブを収録しています。 女性ベーシスとというと、昨今はEsperanza Spaldingに人気が集中している感じがありますが、個人的には、Giulia Valleのほうがてん…

続きを読むread more

Rez Abbasi "Continuous Beat"

Rez Abbasiというパキスタン出身で米国在住のギタリストのリーダー作です。 Rez Abbasiは、"Suno Suno"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61027662.html)というアルバムを2011年末に聴いています。 この盤は、Rudresh …

続きを読むread more

Ron Miles "Quiver"

Ron Milesというトランペッターのリーダー作となりますが、この盤は完全なメンツ買い。 Bill Frisell、Brian Bladeと、2大名手の共演。 Ron Miles自体は、Bill Frisellのリーダー作3種("Floratone", "Floratone 2", &qu…

続きを読むread more

Yaron Herman "Alter Ego"

あけましておめでとうございます。今日から新年の紹介をスタートします。今年も変わらずのご愛顧をよろしくお願いいたします。 Yaron Hermanは2008年に2枚目のリーダー作を買ってからのつきあいとなりますが、これまではほとんどがピアノトリオでの演奏と言うことになります。 おおよそ、1年1枚のペースでコンスタントにリーダー作…

続きを読むread more

Courtney Pine "House Of Legends"

Courtney Pineの新作となります。前作が、昨年の"Europa"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a60421929.html)で、曲毎の完成度は高いけれど、全体としては散漫な印象を持ったアルバムでありました。 個人的に、なんか気になる存在なんでしょう。性…

続きを読むread more

Kevin Eubanks "Messenger"

先日、Dave Hollandの新ユニット"Prism"の存在を教えてもらい、そこに参加して格好良い演奏をしていたのを気に入って、最近出た彼のリーダー作を買い込んできた次第であります。 ちなみに、そのPrismってユニットのメンツは以下のとおりとなります。 このユニットでアルバムが出ないかというのも、実はここと…

続きを読むread more

Nicola Sergio "Illusions"

Nicola Sergioというイタリアのピアニストのリーダー作です。 どうやら、これが2枚目のリーダーアルバムらしいので、これからの活躍が期待できるような人材ということになりそうです。と、名前検索したらmyspace(http://www.myspace.com/nicolasergio)に日本語での自己紹介文まで載せてました。凄…

続きを読むread more

Avishai Cohen "Triveni II"

トランペットのAvishai Cohenの新作です。アルバムタイトルに""とついているように、このアルバムは同じメンツによる"Triveni"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59969144.html)というアルバムの第2集ということになります…

続きを読むread more