"JAZZ(2013 )"の記事一覧

Linda Oh "Sun Pictures"

Linda Ohの新譜です。Linda Ohにも結構はまってましてリーダー作はもとより参加作も結構漁って買っていますが、彼女のベースはかなりそそられます。 過去のリーダー作は下記2枚。これが3作目となります。  "Initial Here"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/art…

続きを読むread more

Jacques Lesure "When She Smiles"

この盤は知らない人買い、あるいはジャケ買いと言えると思います。 ちょっと試聴はしていたと思いますが、ほとんど参考にしていなかったと記憶してます(^^;; ウェストコーストで活躍している人で本作がデビュー作になるようです。 発売はWJ3レーベルで、Willie Jones IIIのレーベルなんですが、過去作見ても購入の記憶がな…

続きを読むread more

Miguel Zenon "Oye Live in Puerto Rico"

この盤は、前回の新譜試聴会(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62050890.html)で気になって購入を決めた盤となります。 これまでもMiguel Zenonという名前は気になっていた記憶はあるのですが、自blogを検索するとリーダー作は未購入。参加作も3枚(Luis Perdo…

続きを読むread more

marcus printup "Desire"

Marcus Printupのリーダー作を買うのはこれが初めてのはずです。もしかしたら参加作を含めても初かもしれません。 この盤の購入動機は、リズム隊以外のなにものでもありません。 Marcus Stricklandのリーダーアルバムの大半でリズムを担っている2人が参加しているとなると、他がどういうメンツでもとりあえず聴いてみたい…

続きを読むread more

Christian Mcbride "Out Here"

Christian McBrideの新作はピアノトリオ作品となります。 単独名義のリーダー作でのピアノトリオ作品は初なんだそうです。 ちょっと意外なんですが、たしかに下記サイトにてリーダー作を眺めてみると、Personelが3人のものは存在していませんでした。  http://www.christianmcbride.com/d…

続きを読むread more

Jaleel Shaw "Soundtrack of Things to Come"

この盤は、新譜情報を見ていて見つけて、なんか気になっていたのですが若干値段が高めだったのでずっと躊躇していた盤となります。 ※どうやら、George Colliganの"Facts"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61881692.html)で、良い演奏をしてい…

続きを読むread more

Marc Cary "For the Love of Abbey"

この盤は、なんで買ったかいまいち自分でも良く判っていません。 普段あまり聴かない人の盤を聴いてみようと言う意識があったのは間違いありませんが、ソロピアノのこの作品をなんで選んだのかは、やっぱりよく判りません。しかも、このジャケですから.. 偉そうに第6感が働いたということにしておきましょう。 ただ、名前に記憶はありまして、2…

続きを読むread more

Diego Barber / Hugo Cipres "411"

Diego Barberのリーダー作は、過去に"Choice"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a60625739.html)というのを聴いています。 前作も、正直メンツ買いをしていますが、本作もメンツ買いです。 前作から引き続きのAri Hoening、Seam…

続きを読むread more

chick corea "Vigil"

chick coreaの新作になります。もうそろそろ新譜が出たから買おうを止めても良いんじゃないかというくらい、最近の作品はこれまでのchick coreaの作品の集大成的(悪く言えばノスタルジック)な作品が多く。。。 前作が、Gary Burtonとの"Hot House"(http://jazz-to-aud…

続きを読むread more

Burak Bedikyan "Circle Of Life"

Burak Bedikyanというトルコ出身のピアニストのリーダー作ですが、これは純然たるメンツ買いとなります。 Chris Potterのワンホーンカルテットで、Peter Washington、Bill Stewartのリズム隊と言うのはかなり豪華な面々と言えると思います。Burak Bedikyanが相当の実力の持ち主か金持ち…

続きを読むread more

Luis Perdomo "Links"

criss crossの5月リリースの1枚となります。 Luis Perdomoは、1年前の同じレーベルからリリースされているアルバムが直前の紹介で、その前作は立て続けにリリースされていたピアノトリオ作"Universal Mind"となります。  "Infancia Project"(ht…

続きを読むread more