"JAZZ(2014 )"の記事一覧

Bjorn Solli "Lyngor Project Volume 1"

Bjorn Solliというギタリストは知らないんですが、このアルバムはメンツ見て買わないわけにはいきませんでした。 と書き出しつつちょっと確認したら Solidというバンドを組んでいたんだそうで、フルネームはBjorn Vidar Solliというそうですが、ジャケにはミドルネームが無くてすぐに気づきませんでした(汗)。 Sol…

続きを読むread more

James Farm "City Folk"

James Farmは2011年のアルバム以来のこれが2枚目のアルバムになります。 さすがにこれだけのメンツだと頻繁にスタジオに入るようなこともできず、ようやく2枚目を作れたってことなんでしょう。 それよりも、2枚目がリリースされたことが驚愕もんでもあります。  "James Farm"(http://j…

続きを読むread more

Bill Frisell "Guitar In The Space Age!"

多作なBill Frisellの新作は、全部買ってると大変だぁということで、おおよその内容を把握したうえで、本作は買わないでおこうとおもっていたんですが、嬉しいことに聴く機会を得ることができましたので、謹んで拝聴している次第であります。 メンツは2ギターのカルテット。大筋ではBill Frisellと古くから共演している面々とい…

続きを読むread more

Branford Marsalis "In My Solitude"

Branford Marsalisの新作は、サンフランシスコのグレース大聖堂で行ったサックス1本でのソロライヴです。 前作が2012年のレギュラーカルテット、その前が2011年のJoey Calderazzoとのデュオと、同じフォーマットで2枚連続ではアルバムを出さないのは、多才他芸なのか、焦点定まらないのか、器用貧乏なのか?(とい…

続きを読むread more

Laurent Coulondre "Opus II"

この盤は、新宿のユニオンでかかっていたのを聴いて、格好良いと買い込んできた盤。 ・・・? もしかしたら後から通販で買ったのかもしれません(汗) リーダーのLaurent Coulondreはフランスの若手ピアニストで、これが2作目のリーダーアルバムになるようです。 初作は、想像の通り"Opus I"(ht…

続きを読むread more

Becca Stevens "Perfect Animal"

Becca Stevensは、前作を新譜試聴会で聴いて買って全貌を聴いたところがなりそめで、  "Weightless"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61019768.html) これが2011年なので、3年ぶりの新譜となりますが、"Jazz Th…

続きを読むread more

Billy Childs "Map To The Treasure"

Billy ChildsのLaura Nyro集というアルバムなんですが、Laura NyroもBilly Childsも、個人的思い入れのある人ではないので、普通だったら(たぶん)買わないアルバムなんですが、前回の新譜会で数曲聴いてるうちに全貌を聴いてみたくなっての購入です。 とはいえ、下記メンツを見だだけでもなかなかラインナップ…

続きを読むread more

Otis Brown III "Thought of You"

Otis Brown IIIのデビュー作になると思いますが、メンツが豪華なので思わず買ってしまいました。 そのメンツは以下の通り。 John Ellisは、2012年にcrisscrossからリーダー作"It's You I Like"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/…

続きを読むread more