"JAZZ(2014 )"の記事一覧

George Colligan "Ask Me Tomorrow"

George Colliganがリーダーの純ピアノトリオ作ですが、買う動機は、Linda Ohであります。 George Colliganも、結構好きなピアニストで自blogでも過去に6枚ほど取り上げています。 最近作はLarry Grenadier、Jack DeJohnetteとのトリオの  "Endless My…

続きを読むread more

oz noy "Twisted Blues Vol 2 "

oz noyの新作は、前作"Twisted Blues Vol.1"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61131727.html)の続き。でも前作が出たのは2年前、かなりなインターバルを持ったリリースとなりました。 oz noyもデビューから全部買いしてまして、ち…

続きを読むread more

Jon Cowherd "Mercy"

Jon Cowherdというピアニストのリーダー作なんですが、これは完全にメンツ買い。 Jon Cowherdという名前に記憶もないんですが、Brian Blade & The Fellowshipのピアニストで彼のhp(http://www.joncowherd.com/discography.html)にあるディスコグラフィ見る…

続きを読むread more

Keith Jarrett / Charlie Haden "Last Dance"

Keith JarrettとCharlie Hadenのデュオ作の第2弾のリリースです。第2弾とはいえ、前作と同時録音の期間をおいてのリリースと言うことのようです。 これだけの大御所2人での演奏なので、没テイクは無いでしょうし時間いっぱい録れるだけ録って、出せるだけ出すって魂胆は、当然の帰結でしょう。(という、感覚も持っていた。(後…

続きを読むread more

Jenny Scheinman "Littlest Prisoner"

つい最近あったイベント"ノミカイ with アルテック"で、実は3人が持ち込んでいた話題のアルバムです。 Jenny Scheinmanは、2009年1月開催の新譜試聴会2008年の総括(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a56384556.html)で聴いたのが…

続きを読むread more

Chick Corea "Solo Piano: Portraits"

Chick Coreaの新作はソロピアノです。 前作がトリオ、その前がエレクトリック作とフォーマットを変えて、相変わらず精力的にアルバムリリースをしています。(Trilogyの輸入盤情報は相変わらずないです。国内盤が少し安く買えそうですが..)  "Trilogy"(http://jazz-to-audio.s…

続きを読むread more

Enrico Pieranunzi "Stories"

Enrico Pieranunziのリーダーアルバムも、ここのところかかさず購入しています。 現在の3人(Scott Colley、Antonio Sanchez)でのトリオ作はこれで2枚目になると思いますが、このトリオの強度ってのは尋常ないものがありまして、本作もかなりの期待感を持って購入しています。 ちなみに、過去のアルバムは…

続きを読むread more

Jason Palmer "Places"

本作は、純粋にメンツ買い。リーダーのJason Palmerは知らない人ですが、参加メンバーを見れば、聴いてみたいと言う気分はいやがおうにも盛り上がります。 Jason Palmerは1979年生まれらしいので、30代なかばの中堅に位置づけられるんでしょう。 リーダー作は過去に4枚出ていて、これが5枚目のようです。 が、これまで…

続きを読むread more