"JAZZ(2015)"の記事一覧

Justin Kauflin "Dedication"

Justin Kauflinというピアニストの2015年の作品。 ずいぶん前に聴く機会を得ていたのだが保管だけしてあったものを引っ張り出してきたもの。 Justin Kauflinは2013-14のQuincy Jonesのワールドツアーに参加していた逸材。 おそらくその直後に初リーダー作をリリースし  "In…

続きを読むread more

SkydiveTrio "Sun Moee"

Skydive Trioという名称のギタートリオの2015年の作品。 ずいぶん前に聴く機会を得ていたのだが保管だけしてあったものを引っ張り出してきたもの。 Skydive Trioは、北欧で活動をしているユニットで、メンツは以下の通り。 個人的に知ってる名前はなし。調べたら、今年4月に新作がリリースされていました。  &…

続きを読むread more

"Movin' Forward" Robi Botos

本作は、純粋にメンツ買い。 リーダーのRobi Botosは、過去に聴いたことがない人。ハンガリー生まれの40才くらいの人。 wiki上では、これが6枚めのリーダー作のよう。 で、肝心のメンツであるが、かなり強力な面々が揃っており、この布陣を見て聴いてみたいと思わないのはかなりもったいないと思うくらい豪華。 Robi Bo…

続きを読むread more

Roberto Gatto "Sixth Sense"

購入してからこの文章を書くまでに相当の時間がかかっているのは、ちょっと前リリースのこの盤を後回しにして、購入したての新譜をしっかり聴くことを優先したからに他なりません。 同時購入したSam Batesの"Backblocks"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63…

続きを読むread more

FORQ "FORQ"

少し前のアルバムでようやく聴けたのがあるので、その紹介。 これは、Snarky Puppyの中心人物であるMichael Leagueによる2015年のユニットで、個人的にはAdam Rogers目当てでの聴取になります。 メンツは、Adam Rogersは多く2007年の下記アルバムから4枚紹介しています。 "T…

続きを読むread more

Sam Bates "Backblocks"

この盤は、某店で新品数種を安売り(未開封中古でなく新品の安売りだった、カット盤でもなかった)していたのを見つけてその中から適当に選んだ2枚のうちの1枚。 もう1枚は、Avishai Cohen(Tp)が入っていたの(未紹介)で購入理由は明確なんですが、こちらはメンツもとくに知ってる名前があるわけでなく、ジャケットも特に魅力的とは言え…

続きを読むread more

Mark Guiliana "Family First (The Alternate Takes)&qu…

Mark Guilianaのジャズ作品として、"Family First"がリリースされたのが2015年の6月頃。 同年9月頃にこの盤の Alternate Takesがダウンロードだけで出ているのは知ったのですが、秋の大量購入の余波で、これ以上は買えないと保留しておいたんですが2015年も末になるに従って、…

続きを読むread more

Mary Halvorson "Meltframe"

この盤は、2月5日に開催された、No Trunksの年間ベスト大会で、実質お店のベストになった盤だったので買ってしっかり聴こうという意志のもと、購入した盤です。 その年間ベスト大会の状況は、(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63575438.html)。 ソロギターでかかったのは6…

続きを読むread more

"Passion Dance Orchestra" Lars Bartkuhn

この盤は、店頭ポップで「Pat Metheny好きは。。」みたいな文言があって引っかかり、ちょこっと試聴して面白そうだったので買いを決めています。 Lars Bartkuhnはドイツの人のよう。Passion Dance Orchestraってのはユニット名で、2004年に1枚アルバムが"Dreamland"(h…

続きを読むread more

Petros Klampanis "Minor Dispute"

Petros Klampanisというベーシストのリーダー作ですが、これはGilad Hekselman、Jean-Michel Pilcの純然たるメンツ買い。 Petros Klampanisはギリシャ人で、これがたぶん2枚目のリーダー作。 そのメンツは以下の通り、John Hadfieldというドラマーも知らない人ですが、…

続きを読むread more