"JAZZ(2016)"の記事一覧

"Budapest Concert" Keith Jarrett

最近リリースされるKeith Jarrettの作品は、ライブを含む新しい音源を出してくるのでは 無く過去に録り貯めた音源を切り売りしているような状況で、当人の進化(加齢)、時代の流れに応じた表現の変化を求めるというよりは、当人自身の過去のそのときどきのパフォーマンスを楽しむようなフェーズになってきている。 もっとも、コンサ…

続きを読むread more

Matt Brewer "Unspoken"

Matt Brewerの2作めのリーダー作。 前作も本作もcriss crossから出ているが、最近criss crossレーベルの購入頻度が落ちているので未聴です。 リーダーのMatt Brewerの過去の参加作を自blogで漁ると、相当数が引っかかるが、白眉はGonzalo RubalcabaがCharlie Hadenに…

続きを読むread more

"Wah Wah" Torben Waldorff

Torben Waldorffの2016年の新作を聴く機会を得たのでその紹介。 Torben Waldorffのリーダー作は2011年の下記アルバムを聴いていますが、その後が続かず..。 調べたところ、本作までに3枚のアルバムがあったようです。  "American Rock Beauty" (http://…

続きを読むread more

"Way Back Home" Steve Gadd Band

Steve Gaddバンドの2016年のアルバムを聴く機会を得たので、その紹介。 個人的にSteve Gaddはあまり積極的には聴いておらず、自blogでリーダー作を紹介したことはなく、参加作も桑原あいの近作が新作として紹介していますが..。  "Somehow,Someday,Somewhere" (ht…

続きを読むread more

"INFINITUDE" Ingrid & Christine Jensen

Ingrid JensenとChristine Jensenは、きっと姉妹なんだと思いますが、Christine Jensenは過去に名前を聞いたことがなかったのですが、調べるとオーケストラを率いてアルバムを数枚出していたようです。 本作は2016年のリリースでして、新譜でないんですが購入に至った経緯は..。 2017年6月に…

続きを読むread more

Moutin Factory Quintet "Deep"

Francois Moutin、Louis Moutinの兄弟コンビでの演奏ってのは、知る人ぞ知るかもしれないが、良い盤がいくつもあって、自blogをさらっと漁ると以下のような感じで出てきます。  Tigran Hamasyan "New Era" http://jazz-to-audio.seesaa.net/…

続きを読むread more

"Parachute" Magnus Ostrom

Magnus Ostromは、E.S.T.のドラマーだった人で、これが3枚めのリーダー作。 1枚めは買っていますが、2枚めはなぜか買っておらず...。  "Thread Of Life" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a60481137.html)  &qu…

続きを読むread more

"Lazarus" David Bowie

"★ Black Star" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63600921.html) が、David Bowieの遺作として大いなるインパクトを与えたのは2016年初頭の話でした。 なもんで、"そのうち買おう"と思ってた盤が"…

続きを読むread more

"Songs From Afar" Lucian Ban

Lucian Banはルーマニア出身のピアニストで、個人的にはまったく未チェックの人、John Hebert、Eric McphersonというFred Hershのレギュラートリオの2人が入っていることで、一部でチェックされているようです。 ということで、Fred Hershトリオでは盤石な演奏を繰り広げる2人が、他のリーダーの元…

続きを読むread more

Leyla McCalla "A Day for the Hunter, A Day for the P…

Leyla McCallaは、NY生まれNew Orleans在住で1985生、ハイチの血を引いているとのこと。容姿は南方系であることがジャケを見てもわかります。 これは新譜会の時にちょっと良いなと思ってお借りして聴いているので、自分の守備範囲からは外れてると言って良いでしょう。 下記メンツを見ると、Marc Ribotがジャ…

続きを読むread more

"STILL MOVING" Jonathan Finlayson

Jonathan Finlaysonというトランぺッターのリーダー作。 これは先日の新譜会の時にお借りしたものです。 メンツが、渋いところでちょっと良いメンツを揃えているのが興味の対象。 リーダーのJonathan FinlaysonはMary Halvorsonの近作(http://jazz-to-audio.seesaa…

続きを読むread more

"Duopoly" Kris Davis

Kris Davisという名前は聞いたことがある気がしていたんですが、自blogを調べていたらKermit Driscollというベーシストのアルバムで聴いていました。  "Reveille" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a60426331.html) この…

続きを読むread more